「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

昭和時代に大活躍した小倉工業高校野球部の歴史と現在地

2017 3/29 18:30sachi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

北九州市にある小倉工業高校。 福岡でもレベルの高い工業高校として知られているが、かつては野球部が甲子園の常連として活躍していた。 小倉工業野球部の歴史や直近の状況について紹介する。

歴史と伝統を誇る小倉工業高校、生徒の特色は行動の活発さ

小倉工業高校が設立したのは1899年のことだ。非常に長い歴史があり、その間に優秀な技術者を数多く輩出してきた。1925年から現在の学校名となっており、「倉工(くらこう)」という愛称は福岡県内に広く浸透している。 工業高校として県内有数の水準にあり、多くの受験生が進学を希望する学校だ。また就職内定率は100%を記録している。
部活動への参加も非常に活発で、入部率は93%と生徒の部活動に対する関心の高さは特徴的だ。工業高校という特性から男子生徒が多く、行動の活発さは校風として受け継がれているようだ。 野球部は100年以上続く伝統ある部活動だ。その他に陸上部や空手部、吹奏楽部、ものづくり部などが有名だ。

小倉工業高校野球部が甲子園に残した爪痕 part1

長い歴史を持つ小倉工業高校の野球部だが、全国大会で活躍していた時期がある。
初めて甲子園の舞台に足を踏み入れたのは第16回夏の選手権大会で、1930年のことだ。今から90年近い過去の出来事だが、夏の選手権では初出場から5年連続で甲子園に進み、第17回大会ではベスト4という結果を残している。また、春の選抜にも1931年の第8回大会から第16回大会までに7回出場、うち2度のベスト8入りを果たした。
以後、県内では福岡工業や小倉高、そして久留米商業などの台頭があり、小倉工業はしばらく甲子園出場に届かない時期が続いた。

おすすめの記事