「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

開校100周年に力が試される、丸亀城西高校野球部の歴史

2017 3/29 18:30sachi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

高松商業や尽誠学園など全国レベルの野球強豪校がひしめく香川県で、丸亀城西高校は通算14度の甲子園出場歴を誇る古豪チームだ。 1918年開校と長い歴史を持つ丸亀城西高校野球部はどんな功績を残してきたのだろうか。

創立100周年を迎える丸亀城西高校の歴史

丸亀城西高校は香川県の公立高校で、現在は普通科の総合選択制となっているが、以前は商業高校だった歴史を持つ。1918年に丸亀市立丸亀商業学校として開校、移管や国の学校制度改正により幾度となく名称変更を経たが、長く商業高校として存在してきた。普通科が設置されたのは1993年で、この年から県立丸亀城西高校に改称して現在に至る。また、2005年をもって商業科の入学募集を終え、総合選択制を導入することで全日制の普通科高校となった。
運動系、文科系ともに部活動は盛んで、現在は野球部以外に弓道部やソフトボール部、バドミントン部なども強豪として知られる。 2017年で学校創立100周年を迎えるだけに、各部の士気は高まっている。

真骨頂の粘り強さで感動を呼んだ1980年春の選抜

丸亀城西高校野球部は、香川県内でも有数の強豪チームとして知られている。これまでに春の選抜10回、夏の選手権4回と甲子園出場を果たしている。ただし、そのうち11回が1980年代までと、近年は地区予選でライバル校に苦戦している。
甲子園での最高成績はベスト4、1980年に開催された春の選抜で成し遂げた。地区予選で高松商に1-0と際どく勝ち切って甲子園出場を果たすと、1回戦は瀬田工に6-1の勝利を飾り順調なスタートを切った。真骨頂は2回戦からで、滝川に延長12回の末6-5、準々決勝は名門の東北に6-5と、地区予選で見せた接戦の強さを発揮。優勝候補の帝京と対戦した準決勝でも延長12回を戦い抜く粘りを見せたが、1-2の惜敗に終わった。この試合は観衆に大きな感動を呼んだ、大会屈指の好ゲームだった。

おすすめの記事