「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本の野球創世記に関わる横浜商業高校野球部の歴史!

2017 3/29 18:30出井章博
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

横浜商業高校野球部は、日本に野球が伝わった最初期から硬式野球部がある非常に歴史あるチームだ。名将小倉清一郎氏が指導していた時期には、黄金時代を迎えた。横浜商業出身のプロ野球選手には、育成ドラフトドリームを掴んだ選手もいる。

横浜商業高校の歴史

横浜商業野球部の歴史は大変古く、創部は1896年だ。初代監督は、日本の野球創世記において大きな功績を残し、野球殿堂入りを果たした青井鉞男氏だ。甲子園出場は神奈川県では一番最初で、1923年に初出場を果たしている。歴史ある横浜商業高校はY校の愛称で高校野球ファンに親しまれている。
その後、群雄割拠の神奈川県予選の中で、2017年春現在、春9回、夏7回の甲子園出場を誇っている。1997年春を最後に甲子園出場に届いておらず、高校野球ファンに復活を望まれるチームの1つだ。

名将・小倉清一郎氏の将兵

横浜商業高校の黄金時代として高校野球ファンに取り上げられるのは、小倉清一郎氏がコーチに就任していた1978年から1990年だ。小倉清一郎氏と言えば、厳しい罵声を選手に浴びせ、ノックを行う鬼コーチとして知られている。
一方で、相手投手の癖を見抜く鋭いスカウティング能力で、作戦を立てるなど高校野球ファンには名将の1人に数えられている。そんな小倉清一郎氏が指導していた時期には、夏の甲子園に5回、春のセンバツに3回出場している。

おすすめの記事