「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

強豪チームに名監督あり!箕島高校野球部の歴史

2017 3/29 18:30出井章博
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira/shutterstock.com

オールド高校野球ファンにはお馴染みの和歌山県の箕島高校野球部。名伯楽尾藤公氏に鍛えられ、プロ野球選手を多く輩出している。その中には野球殿堂入りした和歌山のスーパースターもいる。

尾藤公氏に率いられ強くなった箕島高校

箕島高校野球部と言えば、尾藤公氏の存在について触れないわけにはいかない。尾藤公氏は、和歌山県の公立高校である箕島高校野球部の監督に1966年に就任すると、血のにじむような猛練習を選手に課す。すると、チームは急成長。就任3年目の1968年の春のセンバツで、早くも甲子園初出場に導く。
以降箕島高校は1970年代の甲子園の主役となる。1980年代後半以降は、和歌山県の高校野球の主役を智辯和歌山高校にゆずり、甲子園出場から遠ざかった。しかし、2009年の春のセンバツで、18年ぶりのセンバツ出場を果たし、ベスト8まで進出し、オールド高校野球ファンを大いに喜ばせてくれた。
2011年に尾藤公氏が亡くなった後は、2013年の夏の選手権大会で、29年ぶりの夏の出場を果たしている。尾藤公氏の長男・尾藤強氏が監督として野球部を率い、尾藤公氏のDNAは受け継がれている。

1970年の春のセンバツで甲子園初優勝

1968年の春のセンバツに出場した箕島高校が、次に甲子園に帰って来たのは、1970年の春のセンバツだ。2回戦から登場した箕島高校は、初戦神奈川県の東海大相模と激突する。この試合を6対2で制すると、準々決勝は三重県の三重高校と対戦。この試合も4対1と危なげなく勝ち進む。準決勝は広島県の強豪広陵高校。この試合も3対0と完封勝利する。
決勝は大阪府の北陽高校と対戦するが、抜きつ抜かれつの手に汗握る試合となる。北陽が初回表に2点を先制すると、5回裏に箕島高校が逆転。7回の表北陽が追いつき、延長戦に突入する。10回の表北陽が1点勝ち越すが、箕島高校は10回裏に追いつき、延長12回の裏にサヨナラ勝ち、甲子園初制覇を果たした。
エースで4番の島本講平氏は、後に南海ホークスにドラフト1位指名され、近鉄にトレードされた後は、名脇役の1人として活躍した。

おすすめの記事