「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校野球創世記を支えたチーム!愛知商業高校野球部の歴史を紹介

2017 3/29 18:30出井章博
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

愛知商業高校野球部の歴史を紹介する。愛知商業高校野球部は、近年は甲子園出場はないが、高校野球創世記に強豪として名を残したチームだ。中日ドラゴンズで活躍した投手など多くのプロ野球選手も輩出している。

愛知商業高校野球部の歴史

1919年に創立の愛知商業高校の野球部は、中京大中京、東邦、愛工大名電、享栄の愛知私学4強となる前の時代に、愛知県の高校野球界に強豪として君臨していた。昭和初期には、愛知一中(現愛知県旭丘高校)と愛知県の高校野球で双璧をなしており、1925年の夏の選手権で甲子園初出場、春のセンバツには1928年に初めて出場している。
春のセンバツは10回甲子園に出場、夏の選手権には6回出場している。プロ野球創世記に多くのプロ野球選手を輩出した高校だ。

1936年のセンバツで甲子園初優勝

愛知商業高校は1936年の春に行われた第13回選抜中等学校野球大会、現在の選抜高校野球大会で甲子園初優勝した。20校で行われた大会だったが、当時は野球が盛んな地域の偏りもあり、愛知県からは愛知商業の他に、享栄商業(現享栄高校)と東邦商業(現東邦高校)が出場した。
2回戦から登場した愛知商業は、広島県の呉港中(現呉港高校)を4対1で退けると、準々決勝は兵庫県の滝川中(現滝川高校)に7対0で危なげなく勝利する。準決勝は京都府の平安中(現竜谷大平安高校)に6対3で勝ち、決勝は群馬県の桐生中(現桐生高校)と対戦する。白熱する投手戦は、9回表まで1対1の同点。
愛知商業が9回裏に1点をあげ、サヨナラ勝ちで感動的な初優勝を果たした。

おすすめの記事