「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

古豪復活が望まれる!倉敷工業高校野球部の歴史

2017 3/29 18:30出井章博
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

倉敷工業高校野球部の歴史を紹介する。倉敷工業高校野球部は戦後に甲子園常連校だった歴史がある。上位進出も数え切れない。近年も、甲子園で話題を振りまいてくれた。輩出されたプロ野球選手もお伝えする。

倉敷工業高校野球部の歴史

1939年に創立した倉敷工業高校野球部は、戦後から1970年代まで岡山県の強豪校として君臨した。当時は岡山東商業と双璧をなしており、甲子園の常連だった。1949年の夏の選手権大会で、甲子園初出場を果たした倉敷工業高校はいきなりベスト4に進出する。
さらに、1957年春のセンバツ、1968年の夏の選手権大会でもベスト4。2017年春時点で、春のセンバツ10回、夏の選手権大会9回の出場を誇っている。

2003年夏の選手権大会で大劣勢の試合がノーゲーム

1970年代以降は、数年おきに甲子園出場を果たしてきた倉敷工業高校。2003年の夏も7年ぶりの選手権大会出場だったが、高校野球ファンにとって、忘れられない出来事があった。
1回戦駒大苫小牧戦は、4回表まで0対8の大劣勢。しかし、試合前から断続的に降っていた雨が4回裏に激しくなる。結局4回裏2死で降雨ノーゲームなり、翌日に再試合が行われた。その試合は倉敷工業高校が5対2で勝利。高校野球ファンには「8・9の悲劇」と呼ばれていた。その後、倉敷工業高校は3回戦まで進出している。

おすすめの記事