「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

埼玉県の強豪浦和学院高校野球部の歴史を振り返る!

2017 3/29 18:30出井章博
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

埼玉県は、大阪府や神奈川県と並び高校野球の大激戦地だ。埼玉県の浦和学院高校野球部は名将が率い、多くのプロ野球選手を輩出してきた名門チーム。その歴史や代表的なOBを紹介する。

浦和学院高校の礎を築いた野本喜一郎氏

浦和学院高校野球部は1978年に創部した。しかし、創部当初は決して強豪ではなかった。その浦和学院高校野球部を変え、強豪校としての礎を築いたのは野本喜一郎氏だ。野本喜一郎氏は元プロ野球選手で、西日本や西鉄、近鉄で通算18勝をあげた投手。
引退後、上尾高校で甲子園に6回出場し、さらに東洋大学の監督として多くのプロ野球選手を育てている。1984年にその野本喜一郎氏が監督に就任すると、1986年の夏に早くも浦和学院を甲子園初出場に導いた。
残念ながら体調を崩し、甲子園初戦の指揮を揮うことなく、監督を辞任。甲子園の開会式当日に64歳の若さで亡くなってしまった。しかし、浦和学院の礎を築いたのは間違いない。

名将の考えが名将に受け継がれるDNA

1991年に森士(おさむ)氏が監督に就任する。森士氏は野本喜一郎氏の上尾高校時代の教え子で、1982年の春のセンバツでは、2年生ながら甲子園に出場している。野本喜一郎氏の野球のDNAを受け継ぐ森士氏は、27歳の若さで浦和学院高校野球部の監督に就任すると、1992年の春のセンバツで、早くも甲子園ベスト4に導く。
その後、森士氏は浦和学院高校野球部を強豪に育て上げた他、高校生年代の日本代表監督も務め、高校野球をけん引する監督の1人だ。

おすすめの記事