「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

小倉高校野球部の歴史~甲子園球児が土を持ち帰るきっかけにも関係!?

2017 3/29 18:30出井章博
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira/shutterstock.com

小倉高校(旧制小倉中学)には、夏の選手権大会2連覇を果たした輝かしい歴史がある。甲子園球児が敗れた際に土を持ち帰るが、そのきっかけになった大投手もいた。興味深い小倉高校(旧制小倉中学)野球部の歴史を紹介する。

小倉高校野球部の歴史

1908年、明治41年創立という歴史のある福岡県の小倉高校は、夏の選手権大会には、1919年の第5回大会に小倉中学の名前で初登場した。この時は甲子園球場ではなく、甲子園球場と同じ兵庫県西宮市の鳴尾球場で行われた。
その後1946年の第29回大会まで、小倉工業高校や福岡工業高校に阻まれ、出場は出来なかったが、1946年の夏の大会に出場すると、夏の選手権大会6年連続出場。夏の大会は通算10度出場している。春のセンバツには1947年に初出場し、11回の出場を誇っている。

1947年の春のセンバツで準優勝

小倉高校が小倉中学の名前で春のセンバツに初出場した1947年、小倉中学はいきなり準優勝を果たす。この大会は26校で争われた。2回戦から登場した小倉中学は、京都府の京都一商(現西京高校)と対戦。この試合を2対1の接戦でものにすると、準々決勝も岐阜県の岐阜商業を2対1で下す。さらに、準決勝の高知県の城東中(現高知追手前高校)に1対0で完封勝利すると、決勝は徳島県の徳島商業と対戦する。小倉中学の福嶋一雄氏と徳島商業のピッチャーとの投げ合いは、延長12回まで1対1で続く。しかし、延長13回表に徳島商業が2点を取り、小倉中学は力尽きた。大会を通して福嶋一雄氏の好投が光った。

おすすめの記事