「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

偉大な大投手を輩出!享栄高校野球部の歴史

2017 3/29 18:30出井章博
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira/shutterstock.com

愛知県の享栄高校野球部は、プロ野球史に残る偉大な大投手やプロ入り初登板でノーヒットノーランを果たしたあの投手も輩出している。オールド高校野球ファンにはお馴染みの享栄高校野球部の歴史についてお伝えする。

享栄高校野球部の歴史

1915年の創立した享栄高校は、古くから甲子園出場の記録が残っている。最初に甲子園出場したのは、1933年、昭和8年だ。第10回の春のセンバツ大会に、享栄商業の名前で登場している。この大会は、愛知県から3校出場しており、同じ愛知県の中京商業、現在の中京大中京高校には敗れたものの、ベスト8の成績を残している。
翌1934年は春夏連続出場を果たし、春のセンバツでは前年を上回るベスト4の成績を収めている。

初期のOBには日本プロ野球が誇る大投手が!

享栄高校のOBには、日本が誇る400勝投手金田正一氏がいる。金田正一氏は、愛工大名電高校の前身名古屋電機学校に入学するが、すぐに享栄高校の前身である享栄商業に編入する。快速球ですぐにプロ野球のスカウトの目に留まるが、意外なことに甲子園出場は1回だけ、しかも1年次に補欠で出場したのみで、登板機会はなかった。
3年次の県の予選に敗退すると、享栄商業を中退し、国鉄スワローズに入団。8月の入団にも関わらず8勝をあげ、その後、400勝をあげている。

ノーヒットノーラン男も享栄高校のOB

1989年8月9日の中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツとの対戦で、プロ入り初登板初先発でノーヒットノーランという大記録を達成した近藤真市(真一)氏。近藤真市氏も享栄高校の卒業生だ。享栄高校時代は3年次の1986年に、春夏連続出場している。140km/h台後半のストレートと大きなカーブで享栄高校の時代から注目され、ドラフトでは5球団が1位指名した。
前述のノーヒットノーランを含めプロ入りから2年間で12勝をしたが、その後はケガに苦しみ、結局その12勝のまま引退した。

センバツのホームラン記録を打ち立てた選手も!

高校野球ファンにとって忘れられない享栄高校のスターと言えば、高木浩之氏だ。甲子園には1990年の春のセンバツに登場した。享栄高校は1回戦で福井県の福井商業と対戦。延長12回の大熱戦の中で高木浩之氏はホームランを2本放った。試合は9対6で享栄高校が勝利している。2回戦の対戦相手は山梨県の東海大甲府。試合は3対5で敗れたが、高木浩之氏はこの試合でもホームランを打ち、新聞紙面を賑わせた。1大会3本のホームランは2017年春現在でも、センバツ大会のホームラン記録だ。

中日ドラゴンズの切り込み隊長も享栄高校の出身

現役選手から享栄高校野球部のOBを1人あげるとすれば、中日ドラゴンズの大島洋平選手をあげたいと思う。大島洋平選手は、享栄高校時代から俊足で、1番バッター。しかも珍しいことにピッチャーだった。
享栄高校卒業後は、駒沢大学、日本生命と進み、2009年のドラフトで中日ドラゴンズに5位指名された。2010、2011年の中日ドラゴンズのリーグ連覇に貢献。その後、中日ドラゴンズのリードオフマンとして活躍している。

まとめ

享栄高校野球部の歴史について紹介した。享栄高校野球部は、偉大な大投手金田正一氏やプロ初先発でノーヒットノーランをした投手など個性の強いプロ野球選手を多く輩出している。今後も享栄高校野球部に注目していきたい。

おすすめの記事