「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

三重県の強豪校・三重高等学校野球部の歴史とは?

2017 3/29 09:30WALKINGMAN
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

三重県松阪市にある三重高等学校は、1961年に創立されたスポーツに力を入れる私立高校だ。 盛んな部活動の中で、特に野球部は校内の強化クラブに指定されており、春夏の甲子園にも数多く出場した強豪校だ。 三重野球部の歴史・伝統、成績、特徴、名場面、輩出された選手などを紹介する。

甲子園に数多く出場してきた強豪三重野球部の歴史・伝統

三重高校は、1961年4月の開校当時は地元の小学校の一部を仮校舎として使用しており、現在地に移転したのは同年8月のことだ。野球部は、創部からわずか5年後の1966年春の選抜で甲子園初出場を果たした。以後、春夏合わせて通算25回(優勝1回、準優勝1回)の甲子園出場を果たしている(2018年4月3日現在)。
2006年度から野球部は、校内の強化クラブに指定されており、近年では2014年の夏の甲子園で準優勝と大活躍した。学校の教育方針である建学の精神の中には、「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」「ベストを尽くす」「チームワークを作る」といった野球にも共通する内容が含まれている。選手たちは、練習の努力と共に強い建学の精神を持って結果を残してきたのだ。

三重野球部のこれまでの成績

三重野球部は、初出場となる1966年の春の選抜大会で初戦で宇部商(山口)に3-5で敗れてしまったものの、同年夏の甲子園にも出場し、初戦で鹿児島実業(鹿児島)を6-1で破り初勝利を手にしている。三重県では初めての春夏甲子園出場だった。
1968年夏の甲子園では、上西博昭投手と中田和男捕手のバッテリーを中心に活躍し、2勝を挙げて初のベスト8となった。1969年春の選抜大会では、決勝戦で堀越(西東京)を12-0と圧倒して見事優勝を果たしており、これは三重県として甲子園で初優勝という快挙だった。
近年では、2014年の夏の甲子園の準優勝が記憶に新しいところだ。これまでに春13回、夏12回の通算25回の甲子園出場、優勝1回(春)、準優勝1回(夏)の記録を残してきた。(2018年4月3日現在)

おすすめの記事