「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

創立100年以上!戦後兵庫県を引っ張ってきた育英野球部の歴史とは

2017 3/29 18:30WALKINGMAN
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira/shutterstock.com

兵庫県神戸市にある育英は、1915年に創立された歴史のある私立高校だ。 野球部、ハンドボール部、バスケットボール部、レスリング部、剣道部といったスポーツの部活動がさかんな高校だが、その中から育英野球部の歴史、伝統、成績、特徴、名場面、輩出された選手などを紹介する!

甲子園に数多く出場した強豪育英野球部の歴史・伝統

育英は、1915年に私立甲種育英商業学校の学校名で創立した。創立から100年以上の歴史がある中で学校名を変えており、現在の育英の名で呼ばれるようになったのは、1948年のことだった。 スポーツの部活動の活躍が目立つが、学業も特別進学コースを設置するなど進学にも力を入れている。部活動の中でも特に野球部は、多くのプロ野球選手を輩出してきた。甲子園では、春の選抜大会に13回、夏の甲子園に6回出場し、優勝、準優勝を各1回ずつ果たした強豪校だが、2005年の春の選抜大会以降は、出場から遠ざかっている。

夏の甲子園に強い育英野球部の成績

育英は、歴史のある名門校であり、古くは育英商業時代の1935年の春の選抜大会で甲子園初出場を果たした。同年の夏の甲子園では、2度目の甲子園で早くも決勝まで駒を進める快進撃を見せ、最後は松山商業(愛媛)に1-6で敗れたが準優勝に輝いた。 1993年の夏の甲子園では、日下篤監督のもと井上靖士選手を筆頭とする酒谷敏選手、松本貴博選手と3人の好投手による活躍で決勝まで勝ち進み、決勝では春日部共栄(埼玉)を3-2の接戦で下し見事初優勝に輝いた。 これまでに春の選抜大会に13回出場して11勝13敗だが、夏の甲子園は6回出場して17勝5敗と、夏の大会では同じ兵庫県の報徳、東洋大姫路などの強豪校を抑えて勝率はトップを誇る。

おすすめの記事