「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

創立100年以上!戦後兵庫県を引っ張ってきた育英野球部の歴史とは

2017 3/29 18:30WALKINGMAN
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira/shutterstock.com

兵庫県神戸市にある育英は、1915年に創立された歴史のある私立高校だ。 野球部、ハンドボール部、バスケットボール部、レスリング部、剣道部といったスポーツの部活動がさかんな高校だが、その中から育英野球部の歴史、伝統、成績、特徴、名場面、輩出された選手などを紹介する!

甲子園に数多く出場した強豪育英野球部の歴史・伝統

育英は、1915年に私立甲種育英商業学校の学校名で創立した。創立から100年以上の歴史がある中で学校名を変えており、現在の育英の名で呼ばれるようになったのは、1948年のことだった。 スポーツの部活動の活躍が目立つが、学業も特別進学コースを設置するなど進学にも力を入れている。部活動の中でも特に野球部は、多くのプロ野球選手を輩出してきた。甲子園では、春の選抜大会に13回、夏の甲子園に6回出場し、優勝、準優勝を各1回ずつ果たした強豪校だが、2005年の春の選抜大会以降は、出場から遠ざかっている。

夏の甲子園に強い育英野球部の成績

育英は、歴史のある名門校であり、古くは育英商業時代の1935年の春の選抜大会で甲子園初出場を果たした。同年の夏の甲子園では、2度目の甲子園で早くも決勝まで駒を進める快進撃を見せ、最後は松山商業(愛媛)に1-6で敗れたが準優勝に輝いた。 1993年の夏の甲子園では、日下篤監督のもと井上靖士選手を筆頭とする酒谷敏選手、松本貴博選手と3人の好投手による活躍で決勝まで勝ち進み、決勝では春日部共栄(埼玉)を3-2の接戦で下し見事初優勝に輝いた。 これまでに春の選抜大会に13回出場して11勝13敗だが、夏の甲子園は6回出場して17勝5敗と、夏の大会では同じ兵庫県の報徳、東洋大姫路などの強豪校を抑えて勝率はトップを誇る。

兵庫県出身の選手が主な育英野球部の特徴

育英野球部は、私立の強豪校だが、主に兵庫県出身の選手で構成されている。他県の選手もいるが、主に近畿圏の選手だ。 戦後の兵庫を引っ張ってきた歴史ある野球部は多くのプロ野球選手を輩出しており、プロ野球300勝を達成した大投手、鈴木啓二氏(元近鉄・投手)も育英野球部出身者の一人だ。 1993年夏の甲子園の初優勝の時は、3人の好投手が活躍したが、攻撃面の機動力とバントが際立っており、取れるところで得点を重ねるという、そつのない野球が光り頂点に立った。 近年は厳しい結果が続いているが、1993年の初優勝の時の2塁手だった安田聖寛監督が赴任してから戦力が整えられた。4月から3年生になる野上諒選手は、最速142Kmの右投げの本格派エースとして期待され、今後の活躍が期待される。

育英野球部の名場面は1993年の夏の甲子園

育英野球部の名場面は、1993年の夏の甲子園を制覇した戦いが挙げられる。1回戦・秋田経法大付属(秋田)を14-1、2回戦・旭川大(北北海道)を11-3と大勝で下した育英は、3回戦で横浜商大(神奈川)と対戦する。 序盤なかなか得点が挙げられない育英だったが、先発の酒谷選手が好投し、序盤は投手戦になった。その後、点の取り合いとなり4-4で迎えた8回に育英はスクイズで勝ち越し、厳しい戦いを制した。 接戦を制して勢いに乗った育英は、続く準々決勝・修徳(東東京)を8-1、準決勝・市立船橋(千葉)を6-1と完勝し、決勝で春日部共栄(埼玉)と対戦した。決勝では、井上選手、酒谷選手、松本選手の今大会を支えた3人の好投手によるリレーで3-2の接戦を制し、見事初優勝に輝いた。

プロ野球へ数多く輩出された育英野球部出身の選手

歴史の長い育英野球部は、数多くのプロ野球選手を輩出してきた。 土井正三氏(元巨人・内野手)は読売ジャイアンツに入団し、主に2塁手・2番バッターとして活躍しV9の主力選手として活躍した。 鈴木啓二氏(元近鉄・投手)は、プロ317勝を挙げた大投手だ。1965年に近鉄バファローズへ入団し、5年連続20勝以上を挙げたこともある。 その他にも西武黄金期に貴重な控え選手として活躍した大塚光二氏(元西武・外野手)、阪神、ヤクルトで活躍した藤本敦士氏(元阪神?ヤクルト・内野手)がいる。 1993年の甲子園優勝を経験している大村直之氏(元近鉄?ソフトバンク?オリックス)は、俊足を生かしてイチローを抑えて内野安打のリーグ最多数を記録するなど主に1番バッターとして長年活躍した。 現役選手では、走攻守の3拍子が揃う栗山巧選手(西武・外野手)が活躍している。

まとめ

育英野球部は、100年以上の歴史のある高校で、甲子園でも数々の好戦績を収めており、プロ野球にも多くの選手を輩出している。 近年は他校も実力を上げており、厳しい結果が続いているが、現在は1993年の優勝選手である安田監督のもとチームとしての力をつけてきている。 また1993年の時のような甲子園での活躍をぜひ見たいと思う!

関連記事

おすすめの記事