「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

雪にも負けない根性のチーム!金沢野球部の歴史を紹介

2017 3/29 18:30TANANA
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/shutterstock.com

北陸地方の雄として甲子園の常連校にもなった金沢は、北陸特有の気候というハンデにも負けず、数多くのプロ選手を輩出し、また名勝負を演じてきた。 今回はその歴史と、過去の名勝負などを紹介していく。

実績充分な金沢の部活動の歴史を探る

金沢は、1928年に金沢中学校として開校して以来、約90年の歴史を誇る。生徒数1,000人を超えるマンモス校であり、「質実剛健」を校訓とし、特にスポーツにおいて優秀な人材を次々と輩出してきた。 相撲界では横綱まで登りつめた輪島氏、女子ソフトボールでは北京オリンピック金メダル獲得に貢献した坂井寛子氏などがその代表だ。
野球部も2011年頃まで春夏甲子園の常連校として有名であり、さらにはプロに入団した選手が過去10人以上もいて、現在も主力として活躍している人も少なくない。

金沢の甲子園での実績と特殊な練習環境を紹介

1962年夏の全国大会に初出場以降、金沢は春夏合わせて甲子園に22回出場しており、春の選抜における2回のベスト8が最高位だ。また、明治神宮野球大会高校の部ではベスト4の経験もある。
これだけの実績を残している大きな要因は、その特殊な練習環境にあると言えるだろう。地理的に、特に冬の時期は大雪に見舞われグラウンドが満足に使えない状態もある中、金沢は室内練習をいかに効率よく行うかに全精力を注ぎこんできた。金属バットを使って安全に打撃練習ができるようにネットの大きさを調整したり、守備練習では選手同士の距離が近いという利点を生かして連携プレーに力を入れたりしたのだ。

おすすめの記事