「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

富山県屈指の名門強豪校、高岡商業高校野球部の歴史と成績

2017 3/22 09:28hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

2017年第89回選抜高校野球大会北信越代表に、富山県立高岡商業高等学校が選ばれました。タカショウの愛称で親しまれる高岡商業は、7年ぶり5回目の出場となります。ここではそんな高岡商業野球部の歴史や戦績、卒業選手などに関してご紹介したいと思います。

100年以上の歴史を持つ名門野球部

高岡商業高等学校は1897年(明治30年)設立の歴史のある学校です。野球部の創設も古く、1923年(大正12年)と100年以上の歴史をもつ、富山県屈指の強豪校です。甲子園への初出場は1937年の第23回全国中等学校優勝野球大会でした。
出場校は22校、富山県勢初の甲子園出場となったこの大会では、1回戦熊本工と対戦して、2-3で惜しくも敗れています。以降夏の甲子園への出場は、2015年の出場含め17回と富山県最多を誇り、春の選抜は2017年の出場で5回目となります。

戦後復活大会で甲子園初勝利

甲子園初勝利は1947年に行われた第29回全国中等学校優勝野球大会でした。この大会は中止となった27回大会以降(再開された28回大会は阪急西宮球場で行われた)7年ぶりに甲子園で行われるとともに、学制改革により最後の中等学校の名称で行われた大会となりました。
この大会は、2回戦からの登場で対戦相手は奥羽・岩手県代表の福岡中です。点の取り合いとなった試合でしたが、9-8で勝利をおさめ、甲子園初勝利を手にしました。この勝利は、富山県勢としての初勝利にもなりました。準々決勝では南関東・千葉代表の成田中に3-6で敗れ、ベスト8で姿を消しています。

2年生エース尾山敦投手が高評価

夏の甲子園12回目の出場となった、1987年第69回全国高等学校野球選手権大会では、2年生エース尾山敦投手が活躍します。1回戦長崎商業戦では、2点ビハインドの4回から登板、3塁に進めない好投を見せ、5-4の逆転勝利に貢献すると、2回戦では片岡篤史選手、立浪和義選手を擁するPL学園と対戦、1回ホームランで3点を失うものの、その後はPL打線を1点に抑え完投しています。
試合は0-4で敗れたものの、高い評価を受けました。尾山投手はその後、社会人野球の住友金属を経て西武ライオンズに入団しました。

春の甲子園初出場初勝利

春の甲子園初出場は、1968年に行われた第40回大会です。中部代表として出場を果たし、1回戦では九州代表沖縄高校と対戦して14-1で勝利、初出場で初勝利を挙げています。しかし、2回戦では同じ中部代表の名古屋電工と対戦、0-2で敗れました。
以降春の甲子園には1988年の60回大会、2006年の78回大会、2010年の82回大会と出場していますが、すべて初戦で姿を消しています。春の甲子園4回出場は富山県勢では富山商業の5回に次ぐ2位です。2017年の出場で、春夏ともに出場回数富山県1位になります。

2017年春の甲子園に出場決定

春の甲子園は、地域別の代表が前年度の成績などをもとに選抜されます。2017年の第89回大会には、高岡商業は北信越代表として選抜されました。北信越地区は具体的には、富山県、福井県、新潟県、石川県、長野県の5県で構成されています。
選考対象となる2016年秋季北信越大会は1回戦長野4位の飯山高校に1-0で辛勝すると、2回戦では福井1位の福井商業に5-0で勝利、準決勝では新潟1位の日本文理高校を8-6で下し決勝に進出、甲子園行きを決定づけました。決勝では福井3位の福井工大福井高校に敗れましたが、決勝進出の2校が選ばれています。

まとめ

2017年春の甲子園に選ばれた高岡商業野球部の甲子園出場の歴史や対戦成績、卒業選手などをご紹介しました。高岡商業擁する富山県勢は甲子園での成績はあまり芳しくなく、春夏合わせても一度も優勝経験がありません。2017年春の大会では優勝目指して頑張ってほしいですね。

関連記事

おすすめの記事