「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

熊本工業高校野球部が輩出した著名OB選手は?

2017 3/22 18:28ryo_o
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira/Shutterstock.com

熊本工業高校といえば、赤バットの神様、川上哲治氏を始め、多くのプロ野球選手を輩出している。 現在、現役のプロ野球選手で同校のOBと言われるとピンと来なくなっているのがさみしいところではあるが、高校野球のオールドファンにとっては、熊本工業高校の名前は外せないだろう。

圧倒的な実績

甲子園の実績においては県内の追随を許さないどころか全国的にも屈指の強豪だ。 何せ、春夏共に20回以上の出場実績があり、夏の大会の準優勝にも3回輝いている。
2008年度には熊本工業高校創立110周年記念事業の一環として、同校のOBであり野球殿堂入りを果たした選手である、川上哲治氏と吉原正喜氏の両名を称えるモニュメントが同校敷地内に建立されている。 このほかにも、現在千葉ロッテの監督である伊東勤氏なども同校のOBとして名前が挙がる有名な選手だ。

不屈の天才打者、前田智徳選手

現在広島の監督を務める緒方孝市氏や阪神の監督を務める金本知憲氏とともに、1990年代の広島の外野陣を支えた名選手が前田智徳選手だ。 現在では報道ステーションのスポーツキャスターを務めている。
高校時代に3回の甲子園出場を果たし、広島にプロ入り後も19歳で最年少のゴールデングラブ賞を獲得するなど輝かしい実績を積んでいった。 プロ入り5年目の1995年にアキレス腱断絶の大けがを負い、その後の選手生命においても、このけがに悩まされることになるが、誰もが「天才」と称する打撃は健在で2000安打も達成している名選手だ。

おすすめの記事