「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

激戦区・神奈川県の強豪校、桐蔭高校

2017 3/22 09:28ryo_o
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

桐蔭高校の硬式野球部は1966年に創部され、1971年に甲子園に初出場を果たしました。その大会で初出場・初優勝の快挙を成し遂げています。 その後も強豪校がひしめく神奈川県において確固たる地位を築き、現・読売巨人軍監督の高橋由伸氏を始め、多くのプロ野球選手を輩出しています。

強豪の多い神奈川県で確固たる地位

「神奈川を制する者は全国を制す」と一時期は言われていたように、神奈川県予選の甲子園への道のりは非常に難しいものになっています。参加校数が多いことに加え、有名校も数多く存在し、非常にレベルの高い野球が繰り広げられています。高校野球ファンの中には、甲子園の決勝よりも神奈川県予選の決勝の方が見ていて面白い、という人も少なくありません。
桐蔭高校は、そんな神奈川県において全寮制を敷いている管理課での練習の下、春5回、夏6回の出場を果たしている名門校、ということになります。

初出場で初優勝

現在では、上に記したように、予選のレベルが上がりすぎてしまい、神奈川県の各高校は中々甲子園で目覚ましい活躍・・・とはいかなくなってしまっています。
桐蔭学園は1966年に創部後、1年後には1回戦でコールド負け、2年目に初戦突破を果たします。 順調に成績を伸ばし、5年目の夏の県大会ではベスト4、6年目では、春の県大会・夏の県大会を共に制し、甲子園に初出場を果たしました。
その大会ではなんと、初出場校ながら快進撃を続け、初出場・初優勝という快挙を成し遂げています。

おすすめの記事