「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

藤川球児選手の母校・高知商高校硬式野球部の歴史

2017 3/22 18:28cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

高知県の高校野球を明徳義塾高校と共に引っ張ってきた高知商業高校。藤川球児選手ら多くのプロ野球選手も輩出している名門校だ。そんな、高知商業高校野球部の歴史を追ってみたい。

100年を超える歴史ある名門校

高知商は、1898年に創立された100年以上の歴史を誇る名門高校だ。特に硬式野球部は高知県内で有数の名門となっており、明徳義塾とともに高知県の高校野球を引っ張っている。また、徳島県の徳島商、愛媛県の松山商、香川県の高松商と並び『四国四商』の一校にも数えられているのだ。
古くから硬式野球部が強かったこともあり、多くのプロ野球選手を輩出。その他にもアイドルグループであるAKB48を創設した芝幸太郎氏も高知商のOBだ。

甲子園では優勝1度、準優勝3度の強豪

高知商が甲子園に初出場を果たしたのは、1948年春の選抜だった。この大会でベスト8まで勝ち進んだ高知商は、同年夏の選手権大会にも出場。同じくベスト8に進出す。初出場から2年後、1950年の春の選抜では、高知県勢として初めて決勝に進出し、準優勝を果たす。
以降も高知県の雄として度々甲子園に出場。1957年春の選抜、1978年夏の選手権でも準優勝に輝く。準優勝を3度経験した高知商が初優勝を飾ったのは、1980年春の選抜だ。4度目の決勝進出で見事に栄冠を勝ち取ったのだ。

おすすめの記事