「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国制覇7度の名門・広島商高校硬式野球部の歴史

2017 3/22 18:28cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

怪物江川選手を撃破した1973年春

広島商は、甲子園で春1回、夏6回と合計7回の優勝を誇る全国的な強豪校ということもあり、数々の名試合を甲子園で繰り広げてきた。中でも印象に残るのは、1973年春の選抜甲子園準決勝の作新学院(栃木)戦ではないだろうか。このときの作新学院の先発は、“怪物”こと江川卓選手だ。
この大会の初戦で19三振を奪う鮮烈デビューを飾ると、2戦目で10奪三振、準々決勝では20奪三振と3試合で49三振を奪い、3戦連続完封。準決勝の広島商戦でもどれだけの三振を奪うのかに注目が集まっていた。
この試合で広島商は球数を投げさせること、テンポを狂わせることに重点を置き、ヒットはわずかに2本だったが、2-1で江川選手擁する作新学院を倒したのだ。現在でもこの試合は語り草となっている。

広島商から巣立ち他校の監督へ

広島商の卒業生は、県内の強豪校野球部で監督を務めることが多くなっている。
2015年、2016年と2年連続で夏の甲子園選手権大会に出場した迫田守昭監督、如水館で長らく監督を務め甲子園にも出場している迫田穆成監督も、広島商出身だ。二人は実兄弟でもあり、兄弟で広島の野球を盛り上げているのだ。また、春夏11回の甲子園に進出している呉高の佐々木幸治監督も、広島商出身だ。
このように、広島商で野球を行い県内の強豪校へ監督として巣立っていくことは、今後更に増えるかもしれない。

広島商出身者はプロ野球監督も多い?

広島商からプロ入りした選手は多く、ドラフト制以後2016年までで15人いる。近年では、2015年にトリプルスリーを達成した柳田悠岐選手が、広島経済大学を経てソフトバンクに指名されている。また古くは広島東洋カープの監督を務めた達川光男監督、三村敏之監督なども同校出身となっている。
ドラフト制以前まで遡ると、広島カープ初代監督となった石本努監督、南海ホークスの名監督であった鶴岡一人監督も輩出しており、高校野球と同じくプロ野球界へも多くの監督を送り込んでいる。

まとめ

広島県の高校野球を見ると、近年は広陵高校、広島新庄高校が力をつけており、広島商の甲子園出場は2004年夏の選手権を最後に10年以上ない。甲子園出場回数43回、優勝7回を誇る全国的な名門校の復活に期待がかかる。

おすすめの記事