「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ入りしたOBは28名!仙台育英学園高校硬式野球部の歴史

2017 3/22 18:28cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

宮城県の高校野球を東北高校とともに引っ張っている仙台育英学園高校。プロ入りを果たしたOB選手も多く、入部希望者は絶えない。そんな、仙台育英学園高校野球部の歴史に追ろう。

仙台育英の歴史

仙台育英は1905年に創立され、100年以上の歴史を誇る仙台の名門校だ。これだけの歴史がある同校は、様々な著名人を輩出している。女子日本バレーボール代表としてオリンピックでも活躍した大友愛選手、ラグビー日本代表の畠山健介選手らがスポーツ界で活躍している。
硬式野球部も甲子園の常連で、2016年現在で春11回、夏25回の出場を誇っているほか、2015年夏の選手権大会では準優勝。これは同校にとって、春夏合わせて3度目の甲子園準優勝となった。

初めての決勝は延長で敗退

仙台育英が初めて甲子園に出場したのは、1963年夏の選手権大会だった。初戦で今治西高校に敗退するが、同校にとって歴史的な年となったのだ。この初出場からわずか50年足らずで、夏の選手権大会に25回出場するほどの強豪校へと変貌を遂げることとなる。
1989年にはエース大越基選手を擁し、初めて決勝に進出。帝京高校と対戦し、延長10回0-2で惜しくも敗戦する。この時の帝京高校の投手は吉岡雄二選手だ。吉岡選手は同年のドラフト会議で、巨人から3位で指名され入団。現在は独立リーグの富山GRNサンダーバーズで監督を務めている。

脅威の粘りで奇跡的に勝利

2010年夏の選手権で、仙台育英は初戦で島根県代表の開星高校と対戦する。この試合は開星高校のエース白根尚貴選手(DeNA)に抑え込まれ、9回表二死まで3-5と敗色濃厚だった。しかし、ここから安打、死球、失策などで1点を返し、なおも走者を置いて逆転のチャンスを作る。
しかし、次の打者が打ったのは、平凡なセンターフライ。誰もが万事休すと思った瞬間、中堅手がエラーをし、二者が生還して逆転に成功。奇跡的に勝利を収めたのだ。この落球シーンは甲子園のドラマとして、メディアでもたびたび取り上げられている。

プロ入りした選手は28名

宮城県の名門校であり、甲子園出場の常連となっている仙台育英。同校からは2016年時点で28名の選手がプロ入りを果たしている。1965年に行われた第1回のドラフト会議でも、加藤俊夫選手(大洋2位・拒否)、石崎一夫選手(大洋10位)が指名されるなど、仙台育英は古くから強豪校だった。
特に有名なOB選手は、1992年にダイエーから1位で指名された大越基選手や、2007年の高校生ドラフト1巡目で指名された由規(よしのり)選手だろうか。また、近年では、2015年夏の甲子園で準優勝を果たした時のエース・佐藤世那選手(オリックス)、平沢大河選手(ロッテ)がプロ入りを果たし、一軍昇格を目指して奮闘中だ。

仙台育英史上初めて同一年度に2名がプロ入り

仙台育英からは多くのプロ野球選手が輩出されており、2015年のドラフトでは平沢大河選手がロッテ、楽天から1位指名を受け、交渉権の抽選の末、ロッテに入団している。同ドラフトではエース投手であった佐藤世那選手もオリックスに入団。
支配下ドラフトで、同校から2名の選手が同一年度にプロ入りを果たしたのは初めてのことだった。育成枠を含めると、2010年に木村謙吾選手(楽天2位)、佐藤貴規選手(ヤクルト育成3位)が指名され、ともにプロ入りを果たしている。

まとめ

仙台育英は、宮城県内の高校において最多のプロ野球選手を輩出している。今後も同校卒業者が甲子園のスターからプロ野球のスターへと成長していくことだろう。野球ファンとして、多くのOBが活躍してくれることを願おう。

関連記事

おすすめの記事