「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ入りしたOBは28名!仙台育英学園高校硬式野球部の歴史

2017 3/22 18:28cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

宮城県の高校野球を東北高校とともに引っ張っている仙台育英学園高校。プロ入りを果たしたOB選手も多く、入部希望者は絶えない。そんな、仙台育英学園高校野球部の歴史に追ろう。

仙台育英の歴史

仙台育英は1905年に創立され、100年以上の歴史を誇る仙台の名門校だ。これだけの歴史がある同校は、様々な著名人を輩出している。女子日本バレーボール代表としてオリンピックでも活躍した大友愛選手、ラグビー日本代表の畠山健介選手らがスポーツ界で活躍している。
硬式野球部も甲子園の常連で、2016年現在で春11回、夏25回の出場を誇っているほか、2015年夏の選手権大会では準優勝。これは同校にとって、春夏合わせて3度目の甲子園準優勝となった。

初めての決勝は延長で敗退

仙台育英が初めて甲子園に出場したのは、1963年夏の選手権大会だった。初戦で今治西高校に敗退するが、同校にとって歴史的な年となったのだ。この初出場からわずか50年足らずで、夏の選手権大会に25回出場するほどの強豪校へと変貌を遂げることとなる。
1989年にはエース大越基選手を擁し、初めて決勝に進出。帝京高校と対戦し、延長10回0-2で惜しくも敗戦する。この時の帝京高校の投手は吉岡雄二選手だ。吉岡選手は同年のドラフト会議で、巨人から3位で指名され入団。現在は独立リーグの富山GRNサンダーバーズで監督を務めている。

おすすめの記事