「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園準優勝6度は最多タイ・県岐阜商高校硬式野球部の歴史

2017 3/22 18:28cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

岐阜県の名門でもある県立岐阜商業高校野球部は、春夏通算4度の優勝を誇る強豪校だ。2016年夏の選手権終了時点で岐阜県内で甲子園優勝を果たした高校は他にはなく、唯一の存在となっている。

OGにはQちゃんこと高橋尚子選手も

県岐阜商は1904年に設立されており、100年以上の歴史を誇っている。同じ岐阜県内に市立岐阜商があることから「県岐商」、「県岐阜商」と「県」がついた略称で呼ばれることが多いだ。部活動が盛んな高校としても名が知れており、硬式野球部以外には水泳部、陸上競技部も全国的に有名だ。
シドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子選手、アテネ・シドニー両オリンピックで入賞を果たした水泳選手の糸井統選手を輩出している。また、ジャズトランペット奏者の大野俊三氏も同校出身者だ。

春夏4度の甲子園制覇

県岐阜商は1932年春の選抜で初めて甲子園に出場しており、これは岐阜県勢にとっても初の甲子園出場でもあった。1933年、1935年春の選抜で優勝を果たし、1936年には夏の選手権も制している。1930年代の岐阜県は県岐阜商一強時代だったのだ。1940年にも春の選抜を制し、戦前で春夏通算4度目の優勝を飾った。
以降、決勝進出はあるものの、優勝を果たすことはできていない。しかし、2016年までに春夏合わせて56回の出場は、岐阜県内で最多となっている。

おすすめの記事