「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園第1回にも出場・早稲田実業学校野球部の歴史

2017 3/22 18:28cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by akihirohatako/Shutterstock.com

東京の名門高校で、甲子園第1回大会から出場している強豪・早稲田実業学校野球部の歴史に迫る。

第1回大会から甲子園に出場

100年以上の歴史を誇る早稲田実業学校は、1901年に早稲田大学の創設者である大隈重信氏が設立した学校だ。野球部の歴史も古く、1915年に開催された第1回の甲子園にも出場を果たしている。当時は『全国中等学校優勝野球大会』の名称で開催されており、たった10校で争われた。
早稲田実業は、初めての甲子園の初戦で神戸二中に2-0で勝利し、初白星を挙げている。記念すべき第一歩は、第1回大会でマークしていたのだ。以後、2016年までに春22勝、夏43勝の合計65勝を積み上げている。

王貞治選手が優勝投手に

甲子園で通算65勝を挙げている早稲田実業だが、全国制覇は春1回、夏1回の合計2回だ。初優勝を果たしたのは、王貞治選手が2年生ながらエースとして君臨した1957年で春の選抜だ。
このとき、王選手は3試合連続完封で勝ち上がり、決勝戦でも完封の期待がかかった。だが、高知商業相手に3失点を喫して4試合連続の完封勝利は逃してしまう。しかし、試合は5-3で勝利し、関東に初めて選抜優勝旗を持ってきたのだ。これ以降、春の選抜では優勝がない。
夏の選手権では2006年に斎藤佑樹選手が延長再試合を制し、悲願の初優勝を達成している。

おすすめの記事