「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

富山の高校野球を牽引!富山商野球部の歴史に迫る

2017 3/22 18:27Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

全国的に私立の強豪校が増えてきた昨今だが、そんな中でも富山県はいまだに公立高校が非常に強い存在感を放っている。 特に、富山商業や高岡商業は代表的な存在だ。 その中から、富山商業野球部の歴史や実績について紹介していこう。

県内屈指の実績を誇る富山商野球部

富山商業は1897年に富山市立富山商業簡易学校として誕生し、創設120年もの歴史を誇る全国でも屈指の伝統校だ。野球部は1918年に創部され、1921年の第7回大会から予選に出場している。
甲子園に初出場を果たしたのは1940年の夏のこと。その際は残念ながら1回戦敗退だったが、以降春夏合わせて21回の出場を果たした(春5回・夏16回)。これは高岡商業高校と並び、富山県内ではトップの数字だ。
最近でも2009年の春や2014年の夏に出場しており、これからも富山県の野球部を牽引してくれることだろう。

OBにはプロ野球選手が多数

このように県内では屈指の伝統と実績を誇る富山商業野球部だが、過去にはプロ野球選手もたくさん輩出してきた。
中でも代表的なのが、広島カープで左の代打の切り札として活躍し、2007年からはコーチとしても活躍している浅井樹さんや、ヤクルトで中継ぎとして活躍しているサウスポーの中澤雅人選手だろう(中澤選手は中央大学→トヨタ自動車を経由)。 彼らもこの富山商業で甲子園出場の実績を残し、プロスカウトたちの注目を集めた。

おすすめの記事