「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

岡山県の歴史ある伝統校・関西高校野球部を紹介!

2017 3/16 18:28出井章博
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mTaira / Shutterstock.com

岡山県最古の高校野球チーム関西高校野球部についてお伝えする。春夏通算21回の甲子園出場を果たすなど、その成績は輝かしいものだ。甲子園ではあるジンクスも作った。さらに、野球殿堂入りした名選手も輩出している。

岡山県最古の高校野球チーム

関西高校野球部の創部は1895年だ。岡山県の高校で最初に誕生した野球部だ。関西高校野球部の甲子園初出場は1948年の第30回の夏の甲子園。岡山一中が1921年の第7回の夏の甲子園に出場して以来の、岡山県勢としては2校目の出場だった。
その第30回大会では、1回戦で宮城県代表の石巻高校を9-5で勝利し、2回戦でも大阪府代表の天王寺高校にも4-2で勝利したが、惜しくも準々決勝の福岡県代表小倉高校戦は0-2で敗れてしまった。続けて1949年の春の選抜高校野球にも出場するが、その後は1960年の春の甲子園まで、しばらく甲子園から遠ざかってしまう。

関西高校野球部の甲子園での成績

関西高校野球部は、1960年の春の甲子園に出場した後、次に甲子園に登場したのは1982年の夏の大会だ。久々の甲子園は、1回戦で愛知県の中京高校に1-2で敗れた。その後1987年の夏の甲子園でベスト8、1995年の春の選抜高校野球でベスト4となる。
岡山県の高校野球は1965年の春の選抜高校野球で優勝した岡山東商業や星野仙一氏を輩出した倉敷商業、そして倉敷工業が引っ張ってきたが、90年代以降は関西高校が盟主だった。2007年春の甲子園でベスト8、2011年夏の甲子園でも再びベスト4に。2017年春の時点で、春夏通算21回の甲子園出場を誇る。

おすすめの記事