「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

多くのプロ選手を輩出してきた名門・帝京野球部の歴史

2017 3/8 20:01WALKINGMAN
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira / Shutterstock.com

東京都の名門・帝京野球部は、スポーツがさかんで特に野球・サッカーは全国的にも強豪校として知られている。 多くのプロ選手を輩出してきた帝京の野球部は、あのとんねるずの石橋貴明さんも卒業生の一人だ。 帝京野球部の歴史・伝統、成績、特徴、名場面、輩出した選手などを紹介する。

名門・帝京野球部の歴史と伝統

帝京は、1943年に沖永荘兵衛氏が創立した中高一貫の私立高校だ。現在は東京都板橋区にある。スポーツに力を入れており、特に野球部とサッカー部は全国の中でも強豪校として活躍してきた。
帝京野球部は、東東京の野球のレベルが高い地区で最多勝を誇る。甲子園の常連校でもあり、春夏合わせて3度の全国制覇、2度の準優勝を果たしている。これまでに数多くの多くのプロ野球や著名人も輩出してきた。
前田三夫監督は、帝京大を卒業後、22歳の若さで帝京野球部の監督に就任し、数々の輝かしい実績と名選手を育ててきた名将だ。2017年現在も指揮をとっている。

帝京野球部のこれまでの輝かしい成績

帝京野球部は、元々の実力はあったが、それに加え、東東京は早稲田実業などの強豪校がひしめく激戦区であり、そこを勝ち抜かなければならない環境にあった。厳しい環境の中、前田監督のもと年々着実に力を付け、1977年の東東京都大会では準優勝。1978年の春の選抜大会で初の甲子園出場を果たした。
この時は初戦敗退に終わったが、1980年の春の選抜大会で伊東昭光選手(元ヤクルト)をエースに準優勝を果たし、一躍有名校に。1983年の春の選抜大会では、強豪池田高校に11-0で敗れたが、その敗戦をバネに成長を続けてきた。
1983年には春夏甲子園に出場、1985年の春の選抜大会では再び準優勝に輝いた。そして1989年の夏の甲子園ではエース吉岡雄三選手(元巨人・近鉄・楽天)の大活躍により念願の初優勝を飾った。これまでの甲子園の出場は、春14回、夏12回、優勝3回、準優勝2回を誇る。

おすすめの記事