「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

戦前から大活躍してきた向陽野球部の歴史と成績

2017 3/8 20:01WALKINGMAN
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira / Shutterstock.com

和歌山県和歌山市に所在する向陽は、文武両道の高校で戦前に中等学校として開校した歴史のある高校だ。 旧制和歌山県立海草中学校時代に、硬式野球部は夏の甲子園で2連覇する大活躍をした。 そんな向陽の歴史・伝統を解説。成績、特徴、名場面、輩出された選手などを紹介する。

戦前から大活躍してきた向陽野球部の歴史・伝統

向陽は、1915年に旧制和歌山県立海草中学校として開校し、1948年に現在の和歌山県立向陽高等学校に改称した。野球部は、1921年に創部され、戦前から活躍してきた。1939年、40年の夏の甲子園では2連覇を達成している。
戦後から現在の向陽に改称してからは苦戦が続き、甲子園に出場する機会も減ってしまったが、近年では2010年の春の選抜大会で21世紀枠での出場を果たし、初戦で開星(島根)を破り45年ぶりの勝利を挙げた。
また、勉学では理系の教育に力を入れており、2006年に文部科学省からスーパーサイエンスハイスクールに指定されている。2004年から県立中学校が開校し、中高一貫校となった。正に文武両道の高校だ。

戦前の向陽野球部の成績はすごかった

旧制海草中時代の1921年に創部された向陽野球部は、1929年の夏の大会で当時の和歌山県の強豪校である和歌山中(現桐蔭)を破って甲子園に初出場し、いきなり準優勝と結果を残す。
1939年は、夏の甲子園でエース嶋清一選手の大活躍で見事初優勝した。続く1940年の夏の甲子園では、真田重蔵選手をエースに2連覇を達成した。向陽と改称してからは夏の甲子園の出場はないものの、春の選抜大会には5回出場している。
2009年の春季近畿地区大会では、県予選では48年ぶりの優勝を果たした。2010年の春の選抜大会では、21世紀枠での甲子園出場を果たした。これまでに春の選抜大会に15回、夏の甲子園に8回出場。優勝2回、準優勝1回という記録を残してきた。

おすすめの記事