「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東海大甲府高校野球部の歴史とプロで活躍する選手の紹介

2017 3/8 20:01おおたき
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira / Shutterstock.com

東海大学甲府高等学校野球部は甲子園出場回数も多く、プロ野球選手を輩出してきた野球の名門校だ。東海大甲府の歴代の成績や卒業生についてまとめた。

東海大甲府の歴史

東海大甲府高校は山梨県甲府市にあり、全国に14校ある東海大学付属高校の一つでもある。東海大学に関連する高校は高校現代文明論を中心に授業が展開されるのが特徴だ。
1957年に前身である山梨商業高等学校が創立され、1974年に学校法人東海大学の傘下に入り東海甲府高等学校として発足した。1977年に東海大学甲府高等学校に校名を変更し、2014年に現在の校名となった。創立者である松前重義氏の思いを受け継ぎ、人生に情熱と生きがいを与える教育をモットーとしている。

野球部の歴史前半

東海大甲府は1981年に初めて第63回全国高校野球選手権大会に出場し甲子園行きをを果たすが、2回戦で惜しくも新潟県の新発田農業に4-3で敗れた。64、66回大会は3回戦で破れる。67回大会では準決勝まで駒を進めるが、山口県の宇部商業に7?6で敗れている。
その後も68回から70回まで連続出場を果たし、山梨代表としてこれまで熱い戦いを繰り広げてきたが、全国制覇には至っていない。春の選抜高等学校野球大会にも出場しており、1987年に準決勝でPL学園に敗れ翌年も出場し準々決勝で桐蔭学園に敗れている。

おすすめの記事