「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

山形県初の優勝が期待される!?日本大学山形高等学校野球部

2017 3/8 20:01Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira / Shutterstock.com

山形県屈指の名門校である日本大学山形高校。 未だ甲子園で優勝経験のない山形県に、初の優勝旗をもたらしてくれるのではないかと期待されている。 現状ではベスト4が最高記録だが、プロ野球選手も輩出している名実ともに実力校だ。可能性は十分に秘めているだろう。 日大山形高校野球部の歴史と近年の活躍について紹介していく。

創部60年近い歴史を誇る日大山形野球部

1958年に山形第一高校として創設され、それとほぼ同時に野球部も創部された。59年の第41回大会から出場しており、その後すぐに山形県内屈指の強豪校へと成長。そして62年に経営権が日大へと移り、改めて日大山形としてのスタートを切ると、翌63年には山形県大会を制覇し、早くも甲子園初出場を果たすのだ。
山形県内でも最も生徒の多いマンモス校であり、サッカー部やバスケットボール部など、他の部活動も非常に盛んな高校でもある。また、県内でも上位の進学校という一面もあり、地元の人にとっては野球以外でも非常になじみ深い高校だ。

伝統も実績も県内トップクラス

日大山形野球部は、山形県内では伝統も実績もトップクラスのものを誇っている。特に甲子園春夏通算の出場回数19回というのは県内ではトップ、通算15勝も同様だ。そして何よりも、いくつもの「山形県勢初」の記録が、日大山形によって達成されてきた。
たとえば2006年の夏の甲子園ではベスト8まで進出したのだが、これは山形県勢としては初の快挙となる。さらに2013年の夏の甲子園ではベスト4に輝き、先輩たちが打ち立てた記録を更新した。今回は特に印象的だった2013年の大会について、詳しく紹介していこう。

おすすめの記事