「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京屈指の名門!日大三高野球部の歴史とは

2017 3/8 20:01Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira / Shutterstock.com

2016年は阪神タイガースの高山俊選手の活躍が印象的だった。 そんな彼の母校といえば、東京の名門・日大三高だ。 高山選手を輩出した日大三高野球部の歴史や、印象的だった大会などを紹介していく。

正式な創部は1929年

日大三高野球部は、本来、1918年に創部されている。もう100年近くも前のことだ。しかし、同年の全国高等学校野球選手権大会第4回大会(この年は米騒動により結局大会は中止になっている)の予選には出場しているものの、記録としては、次に大会に出場するのは12年後の1930年、第16回大会まで空白の期間がある。
野球部創設時は「私立赤坂中学校」という校名だった。日本大学へと経営が移されたのが1929年(最初、日本大学赤坂中学校へと改称)、そして日本大学第三中学校と改称されたのが1930年になる。そのため、1929年から日大の名を冠することになったため、日大三高野球部の創部は1929年となる。

徐々に力をつけ、次第に東京屈指の名門校へ

創部当初は同じ地区の早稲田実業に2年連続であたるものの、1-25、0-10と2年連続の大敗。まったく手も足も出ないという実力差だった。しかし、徐々に力をつけていき、1938年の春に初の甲子園出場を果たすと、同年の夏にも甲子園の地を踏む。
さらに、1939年の春、1940年の夏にも甲子園に出場。1940年に出場した際には甲子園初勝利も挙げ、準々決勝まで進むなど大躍進だった。その後もどんどん力をつけていき、いつしか東京随一の強豪校へと成長。1971年の夏には初の全国制覇を達成している。

おすすめの記事