「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初代センバツ王者、史上初の春夏優勝 高松商野球部の歴史

2019 8/8 19:00SPAIA編集部
イメージ画像ⒸmTaira / Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira / Shutterstock.com

名門としての輝かしい歴史

香川県立高松商業高等学校は、1900年(明治33年)創立の歴史ある高校だ。野球部の創設は1909年(明治42年)と、名門と呼ぶにふさわしい歴史を持っている。

春の甲子園には1924年の第1回大会から計27回の出場を数え、決勝進出が5度、そのうち、第1回大会と1960年の第32回大会で、優勝を果たしている。夏の甲子園には20回の出場があり、1925年の第11回大会と、1927年の第13回大会で優勝している。その他にも、1958年第13回国民体育大会、2015年の第46回明治神宮大会など、全国規模の大会で優勝実績がある。

第1回から6連続出場の春の甲子園

出場27回を誇る春の甲子園には、第1回大会から第6回大会までを6連続で出場している。これだけでもすごい記録だが、成績も申し分ない。1回戦で敗れたのは1度だけで、ベスト8が2回、ベスト4、準優勝、優勝がそれぞれ1回となっている。

その間、夏の甲子園にも3度出場して1925年の11回大会と1927年の13回大会では優勝、1929年の15回大会ではベスト8と、強豪ぶりをいかんなく発揮、高商(たかしょう)の名を全国に知らしめた。

おすすめの記事