「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東北地方の名門、東北高校(宮城県)野球部の歴史について

2017 3/8 20:01ryo_o
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルビッシュ有選手

現役のプロ野球選手で真っ先に東北高校出身の選手として名前が挙がるのが、現在メジャーリーグのテキサス・レンジャーズに所属する、ダルビッシュ有選手だろう。
東北高校在籍時には、2年生の春夏、3年生の春夏と4回の甲子園出場を成し遂げ、2年生の夏には上記した東北高校過去最高の成績である準優勝を果たした。
ドラフト1位で日本ハムファイターズに入団後は、入団直後に喫煙が発覚するといった不祥事もあったが、不動のエースへと成長を遂げ、WBCでも優勝を果たしている。 2011年のシーズンオフにポスティング制度を利用して、当時の史上最高金額でレンジャーズへ移籍し、期待通りの活躍を見せていたが、トミー・ジョン手術を行い、復帰登板は果たしたものの、現在はまだ、復活への道の途中だ。

ダルビッシュの先輩、高井雄平

高井雄平選手は、現在は登録名を“雄平”として、ヤクルトの外野手として活躍している選手だ。 ダルビッシュ選手が入学当初目標に掲げていたのが、この選手だった(ダルビッシュ選手より2学年先輩)。
ドラフト当時は、「投げて後藤伸也以上、打って嶋重宣以上」と、東北高校出身のOB二人を引き合いに出されるほど。左腕でありながら150km/hを超すストレートを投げられるということもあり、メジャーリーグも注目する逸材だった。
近鉄とヤクルトの競合の末、ヤクルトに入団したが、投手としてはコントロールに問題があり、芽が出なかった。 しかし、野手に転向してからは強肩と抜群の身体能力を生かし、トリプルスリー達成を期待される選手に成長している。

大魔神も実はOB

大魔神として横浜ベイスターズやシアトル・マリナーズで大活躍し、現在ではJRAの馬主としても名高い佐々木主浩投手も東北高校のOBだ。 高校から直接プロ入りせず、東北福祉大学を経由してプロ入りしているため、同校出身というイメージが薄れがちといえる。
横浜ベイスターズからドラフト1位指名を受けた佐々木選手は、抑え投手として大車輪の働きを見せ、「ハマの大魔神」という愛称で親しまれた。抑え投手としての実績も素晴らしいものがあり、名球会に通算セーブ数で入会したのは佐々木選手が最初だ。 1998年には横浜を36年ぶりのリーグ優勝に導き、1999年オフにFAしたマリナーズでも大車輪の活躍を見せた名投手だ。
特にフォークボールは2階からボールが落ちてくる、と称され、日本のみならずメジャーリーグの強打者もきりきり舞いさせた。

まとめ

東北高校はスポーツが非常に盛んな学校であり、特に甲子園を経由して名プロ野球選手が数多く巣立っている学校だ。 ここで紹介した選手以外にも、首位打者を獲得した元広島の嶋重宣選手や、野村阪神でのID野球の申し子と称された葛西稔選手など、個性的な名選手があふれている。

おすすめの記事