「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

春夏で違うの?高校野球甲子園出場校の決め方はコレ

2017 3/8 20:01cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira / Shutterstock.com

高校野球の聖地である甲子園。春、夏と甲子園の地で全国大会が行われる。それでは、その出場校はどのように決められているのだろうか。甲子園出場校の決め方を説明する。

春の選抜と夏の選手権

高校野球には春、夏2回の全国大会があり、一般的に「春の甲子園」、「夏の甲子園」と呼ばれている。しかし、本来はそれぞれに正式名称があり、出場校の選定も異なっているのだ。実際は春の甲子園を「選抜高等学校野球大会」といい、夏の大会を「全国高等学校野球選手権大会」と言う。
またこれらの大会の他に夏の甲子園が終わった後、国民体育大会こと国体が行われるが、こちらは公開競技となっており主力選手が出場しないこともあるのだ。

春の選抜は32校が出場

春の甲子園こと選抜高等学校野球大会の出場校は、記念大会を除き32校となっている。各校の選出方法は秋の地区大会の成績が基準となっている。各地区は北海道、東北、関東、東京、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州に分けられている。その10地区から28校が選出され、3枠を21世紀枠として選出す。明治神宮大会覇者は無条件で1枠を与えられているため、これを足し合計32校となるのだ。
毎年、1月下旬に選考委員会が開かれ、午後3時に北海道から順に校名と選出理由が発表される。また、発表から大会まで2ヶ月ほどの期間があるため、補欠校も各地区から選出され、不測の事態が起きた場合には代替出場になることもあるのだ。

おすすめの記事