「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017春の選抜高校野球出場校レビュー~近畿~

2017 2/14 09:57cut
baseball,high school
このエントリーをはてなブックマークに追加

履正社高校(大阪府/3年ぶり7回目)

昨秋の近畿大会そして明治神宮大会を制した履正社高校(大阪府)が3年ぶり7回目となる選抜甲子園出場を決めました。昨夏の甲子園では寺島成輝選手(ヤクルト・ドラフト1位)を擁したものの3回戦敗退。今大会は2014年春の選抜準優勝を超える成績を目指します。

エース寺島選手が中心だった旧チームと比べると現在のチームは投手の武田祐選手、清宮幸太郎選手(早稲田実業)と並ぶびドラフト候補となっているスラッガーの安田尚憲選手、秋の公式戦でチーム最高打率となる.452をマークした主将の若林将平選手と軸が増えています。圧倒的な存在感をもった寺島選手には劣りますが総合力で勝負します。

注目選手は3番三塁を任されている安田尚憲選手です。清宮選手と並ぶ超高校級スラッガーで『西の横綱』とも称され期待がかかります。明治神宮大会では清宮選手の前で本塁打を放つなど『持っています』。甲子園の舞台でのアーチ量産に期待です。

神戸国際大附属高校(兵庫県/7年ぶり4回目)

秋の兵庫県大会を制し、近畿大会で準優勝を果たした神戸国際大付属高校(兵庫県)が7年ぶり4回目の選抜甲子園出場を決めました。兵庫県大会では僅差で競り勝ってきており、粘りが持ち味です。

県大会決勝の報徳学園高校戦では1点を先制されますが中盤に追いつき、終盤の8回裏に逆転勝ち。一転、近畿大会では初戦で近江高校(滋賀県)を9-0、上宮太子高校(大阪府)を11-3と2試合連続で大差コールド勝ちを収めました。準決勝では大阪桐蔭高校(大阪府)を9回表に1点ビハインドから逆転し5-3で勝利。大量得点が奪えなくても粘りで逆転する戦いを見せています。

注目となるのは4番捕手の猪田和希選手です。猪田選手は超高校級の捕手としてドラフト候補にも挙がっており、秋の公式戦では打率.475、4本塁打の活躍。『打てる捕手』として期待がかかります。

おすすめの記事