「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017春の選抜高校野球出場校レビュー~中国・四国~

2017 2/14 09:57cut
baseball,high school
このエントリーをはてなブックマークに追加

宇部鴻城高校(山口県/2年ぶり3回目)

秋季中国大会を制した宇部鴻城高校(山口県)が2年ぶり3回目の選抜切符を手に入れました。秋季山口県大会では5試合中3試合で二桁得点を挙げるなど合計42得点。ツボにはまれば大量得点を奪うことができる攻撃力が持ち味です。中国大会でも4試合中2試合で二桁得点。市呉高校(広島県)との決勝では13-2と圧倒し明治神宮大会への出場権を獲得しました。

明治神宮大会では札幌第一高校(北海道)との初戦で先制点を挙げ、一時は4点のリードを奪うも追いつかれ9回裏にサヨナラ負けを喫しています。試合の中で追加点を奪っていく戦い方が課題となりそうです。

宇部鴻城の注目選手は主将であり4番遊撃手を務める嶋谷将平選手です。嶋谷選手は秋の公式戦10試合で打率.472、13打点の成績を残しチームを引っ張ります。フルスイングで本塁打を狙う打撃ではなく、ライナー制の当たりを多く放つ中距離ヒッターの嶋谷選手はドラフト候補としても注目が集まっており今春の選抜で飛躍が期待されています。プロの世界を目指す嶋谷選手は要注目です。

市呉高校(広島県/初出場)

春夏を通じて初めて市呉高校(広島県)が甲子園出場を果たしました。チームを率いる中村信彦監督は尾道商業高校(広島県)の監督時代に3度選抜甲子園に出場、2度ベスト8に導いている名将です。市呉に赴任した2007年から10年かけて初めての甲子園出場を勝ち取りました。

秋季広島県大会では準々決勝で強豪の広陵高校に3-2で競り勝ち準決勝に進出。準決勝の相手は2016年のドラフトで日本ハムから1位指名された堀瑞輝選手の母校である広島新庄高校です。この試合で勝利できれば初めての秋季中国大会出場となる大事な一戦で3-15の大敗。3位決定戦に回りました。呉港高校との3位決定戦では9-2と危なげなく勝利を収め広島3位として中国大会出場を決めています。

中国大会、準々決勝では広島県大会で大敗を喫した広島新庄との再戦になりました。前回大敗した市呉ですがリードを一度も奪われることなく5-3で勝利。決勝戦へと駒を進めます。決勝では宇部鴻城高校(山口県)に2-13と大敗を喫しますが中国2位を確保。この冬で投手力アップを図り甲子園で初勝利を目指します。
市呉の注目選手は近藤大亮選手です。近藤選手は秋の公式戦11試合で打率.417にチームトップとなる9打点をマーク。3番打者としてポイントゲッターの役割を果たす近藤選手の打撃に注目です。

おすすめの記事