「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【はっかはっかする!】岩手県の野球強豪校5選

2016 7/28 19:12
花巻東 野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷翔平選手で盛り上がっている岩手県の高校野球。大谷選手の出身高校「花巻東高等学校」や甲子園の常連校「盛岡大学附属高等学校」など野球強豪校がひしめく地域だ。野球強豪校を5校厳選し、学校の特徴や出身選手などを紹介する。

大谷翔平選手を輩出!【花巻東高等学校】

日本で1番有名と言っても過言ではない大谷翔平選手の出身高校がこの花巻東高等学校だ。花巻東高等学校は岩手県の花巻市に位置しており、硬式野球部以外にも水泳部、女子駅伝などが全国レベルの実力を誇っている。スポーツ推薦の生徒が数多く在籍し、硬式野球部は2016年6月現在で合計10回の甲子園出場を果たした。2009年春の選抜高校野球では菊池雄星選手をエースとし、準優勝を飾っている。花巻東高等学校卒業の現役プロ野球選手は大谷翔平選手(北海道日本ハムファイターズ)、菊池雄星選手(埼玉西武ライオンズ)、高橋樹也選手(広島東洋カープ)、岸里亮佑選手(北海道日本ハムファイターズ)だ。大谷翔平選手の活躍でこれから入部希望は増えるだろう。

甲子園の常連!【盛岡大学附属高等学校】

岩手県で10年連続夏の選手権大会予選でベスト4進出を果たしている盛岡大学附属高等学校は、その名の通り盛岡大学の付属高校だ。盛岡大学附属高等学校は甲子園出場の常連でもあり、2016年6月現在で11回に上る出場回数は花巻東高等学校の出場回数を上回る。甲子園に出場はするものの1勝が遠かったのだが、2013年の選抜高校野球で嬉しい甲子園初勝利を飾った。甲子園常連校ということでプロ野球選手も排出しており、現役プロ野球選手では2014年に福岡ソフトバンクホークスからドラフト1位で指名された松本裕樹選手がいる。

おすすめの記事