「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東芝・岡野祐一郎「このチームで勝ちたい」 “規格外の投手”と社会人野球の頂点目指す 

2019 5/26 07:00永田遼太郎
東芝野球部の岡野祐一郎ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

社会人野球3年目、岡野祐一郎

改めて評価を見直した関係者も多かったのではないだろうか。

社会人野球・東芝の岡野祐一郎。

2019年最初の公式戦となったJABA東京スポニチ大会で、2試合連続完封を飾った社会人野球屈指の右腕は、‶ドラフト漏れ″をした昨秋の悔しさを晴らすかのように、マウンドで圧倒的な存在感を示した。

「今年最初の大会だったので自分としてもチームとしても良いスタートを切りたいと思っていましたし、その中で個人では2試合連続完封、チームとしても準優勝出来たということは、まずまずのスタートが切れたんじゃないかなって思います」

淡々とした自身の振り返りに、マウンドからポーカーフェイスでボールを投げ込む彼の姿が被った。

「大人の投球」
「奥行きも幅も上手く使える」
「抜群の制球力」
「俯瞰的に自分が見られる」
「試合で決して崩れない」

今や社会人野球屈指の右腕に成長した彼に対し、メディアを始めとする‶見る側″の人間はありとあらゆる言葉で称賛する。

だからこそ昨秋のプロ野球ドラフト会議では「即戦力!上位指名は間違いない」と、彼を見てきた多くの者達が感じていたし、次のステージで躍動する彼の姿も想像した。

しかし、まさかの「指名漏れ」。

一体、彼の何が足りなかったというのだろうか?

岡野が言う。
「『まとまっている』だけでは昨年と同じ結果になるなと自分でも思いました。なので今年は‶圧倒″をテーマに持って、冬場から取り組んできたんです」

計算が出来るだけでは物足りない。ならば、どこかが突出した規格外の存在になっていこう。社会人野球3年目、岡野祐一郎の新たな挑戦が始まった。

おすすめの記事