「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

元広島カープ・辻空”最後の挑戦” BCリーグ埼玉武蔵から再びプロ野球目指す

2019 5/13 11:00永田遼太郎
辻空ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

もう一度プロ野球へ

六基の照明塔に照らし出された風景がなんとも懐かしく感じた。

4月19日、上尾市民球場。プロ野球BCリーグ・埼玉武蔵ヒートベアーズvs栃木ゴールデンブレーブスの一戦。

一塁側と三塁側の内野席後方では、両球団の私設応援団が観客席を盛り上げようと、トランペットを吹き、常連のファンと一緒にオリジナルの応援歌を歌っている。選手とファンの距離が非常に近く、勝利時はともに喜びを分かち合う。その関係はまるで一緒のファミリーのようである。

「ファンのひとりひとりが本当に熱いですね。(広島にいた時は)四国にも派遣されていたので、なんとなく独立リーグのイメージは想像できていたんですけど、武蔵はコアなファンが多いというか本当に(四国と)似ているし、ファンの野球愛がすごいと感じます」

そう話すのは、今年から埼玉武蔵に加わったピッチャーの辻空(つじ そら)だ。

昨秋、6年間籍をおいたNPB(日本プロ野球)の広島東洋カープから戦力外通告を受けた25歳の右腕。ファンの愛に満ち溢れたこの場所から、彼はNPB復帰を目指して、最後の賭けに出ようとしている。

おすすめの記事