「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

広島、中日が狙い通りの1位指名 極端な構成の球団も ドラフト会議セ・リーグ編

2018 10/26 11:39勝田聡
野球ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

広島は小園の交渉権を獲得!

10月25日、来シーズンへ向けた補強の第一歩となるドラフト会議がおこなわれた。各チーム、補強ポイントにあわせた指名をおこなったことだろう。注目の根尾昂(大阪桐蔭高)、小園海斗(報徳学園高)は中日、広島とセントラル・リーグの2チームが交渉権を獲得した。その他の選手はどうだったのだろうか。セ・リーグ各チームの指名とチーム事情を振り返ってみたい。

セ・リーグ3連覇を果たした広島は1位で小園海斗(報徳学園高)を指名。重複覚悟で高校生遊撃手を狙いにいき見事に当たりくじを引いた。

小園という将来的なチームの核として期待が持てる素材の交渉権を獲得できたのは大きい。現在のレギュラーである田中広輔は来年で30歳。遊撃手というポジションがら、数年後には世代交代を考えなくてはいけない。そういった意味でも抜群の指名だったといえる。

ドラフト会議,2018年,広島カープ,結果

2位で現・エースの大瀬良大地と同じ九州共立大出身の島内颯太郞(九州共立大)を指名。先発投手陣に不安があるため、即戦力候補の獲得は必須だった。

1位で将来性抜群の高校生、2位で即戦力の大学生投手を指名と上々の成果といえるだろう。3位から5位までは高校生を指名。3連覇したことで即戦力よりも将来性を考えた指名だった。

おすすめの記事