「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【侍ジャパン】2018年初陣を戦うのはこのメンバー!

2018 2/21 14:47mono
筒香嘉智 侍ジャパン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

アジアチャンピオンシップからは11名が『昇格』

昨年の11月に行われた『ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017』ではU-24、入団3年目以内の選手に、オーバーエイジ枠の3名を加えた若手主体のメンバーで臨んだ稲葉ジャパン。そのときのメンバーから11名が『昇格』し、フル代表の座を勝ち取っている。

この28名が菅野智之、坂本勇人(ともに巨人)ら今回代表入りしていない主力メンバーらとともに、2020年の東京オリンピックに向けてチームを作っていくことになるだろう。

【日本代表メンバー】
◎はアジアチャンピオンシップ日本代表メンバー
※は先行発表メンバー
<投手>
松井裕樹(楽天)
田島慎二(中日)
則本昂大(楽天)
東浜 巨(ソフトバンク)
岩嵜 翔(ソフトバンク)
山﨑康晃(DeNA)◎※
今永昇太(DeNA)◎
濵口 遥大(DeNA)
石崎 剛(阪神)◎
堀 瑞輝(日本ハム)◎
千賀滉大(ソフトバンク)※
高梨雄平(楽天)
田口麗斗(巨人)◎

<捕手>
小林誠司(巨人)
田村龍弘(ロッテ)◎
甲斐拓也(ソフトバンク)◎※

<内野手>
田中広輔(広島)
浅村栄斗(西武)
菊池涼介(広島)※
外崎修汰(西武)◎
今宮健太(ソフトバンク)
大山悠輔(阪神)
西川龍馬(広島)◎
松本 剛(日本ハム)◎

<外野手>
柳田悠岐(ソフトバンク)※
筒香嘉智(DeNA)※
上林誠知(ソフトバンク)◎
秋山翔吾(西武)

今永ら左投手が6人代表入り

今回選ばれた28名のうち、投手は13名。第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)と人数の割り振りは同じだ。しかし大きく違う点がある。それは左投手の数だ。

WBCでメンバー入りした左投手は宮西尚生(日本ハム)、松井裕樹(楽天)、岡田俊哉(中日)の3名。いずれも所属チームでは中継ぎ専門でプレーしており、先発左腕は不在だった。

今回のメンバーを見ると、今永昇太、濵口遙大(ともにDeNA)、堀瑞輝(日本ハム)、高梨雄平(楽天)、田口麗斗(巨人)、松井と半数近い6名が左投手となる。また今永、濵口、田口の3名はチームで先発として起用されており、先発左腕を3名揃えた格好だ。

1年間戦うペナントレースと違い、短期決戦となる国際大会では、左腕の有効性は高くない。中継ぎとして起用できる左腕のほうが重要となる。どのような起用法となるのか注目したい。

また、今回はメンバー入りしていないが、侍ジャパンのエースには菅野が君臨している。現時点で参加できるかわからないものの大谷翔平(エンゼルス)らメジャーリーガーもいる。左腕中心で選考しているものの、本大会では右腕中心ということもありえるだろう。

おすすめの記事