「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【強豪3選】野球界に大きく貢献!?北海道の社会人野球チーム

2017 10/13 11:07Mimu
野球ボール、グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by StefanoT/shutterstock.com

近年高校野球でもその活躍がめざましい北海道勢だが、実は社会人野球を語る上でも、欠かせない地域でもある。 いったいどんな強豪チーム・伝統チームがあるのだろうか。 今回は3チームに絞って紹介していく。

【室蘭シャークス】蘇った北海道屈指の強豪チーム

まず紹介するのは、室蘭シャークスだ。創部は1995年だが、その母体となった新日本製鐵室蘭硬式野球部は1939年から活動している伝統チームだった。新日鐵のスポーツ支援部門見直しによって一度は解体となったものの、有志たちによって再びチームが結成され、クラブチーム「室蘭シャークス」が誕生したのだ。

新日鐵室蘭時代から全国大会に数度出場していたが、室蘭シャークスになってからも都市対抗野球に3度、全日本選手権に3度の出場経験がある。最近でも、2014年の都市対抗に出場した。主な輩出選手としては、2002年、2003に西武ライオンズで2ケタ勝利を挙げた三井浩二さんや、2014年のドラフト5位で入団した瀬川隼郎選手などがいる。

【室蘭シャークス】地元の選手がチームを盛り上げる!

室蘭シャークスの選手たちは、地元である北海道出身の選手たちが多い。2016年の秋に入団した元オリックスの佐藤峻一選手も北海道出身(道立北見柏陽高校卒)、現在プロ注目と言われている下川原駿選手も、同じく北海道出身だ。
道立浦河高校から室蘭シャークスに入団した選手で、当時はプロ6球団が注目するほどの逸材だった。1年生の時には、道内の強豪・鵡川高校を相手に、延長13回220球完投勝利を収めたこともあるほどだ。社会人野球の舞台でさらなる成長を遂げ、NPB挑戦となるだろうか。

おすすめの記事