2017年ドラフト候補選手レビュー~大学生投手編~|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年ドラフト候補選手レビュー~大学生投手編~


大学日本代表のエース左腕!東克樹選手

氏名:東克樹(あずま・かつき)
所属:立命館大学(関西学生野球連盟)
経歴:愛工大名電高校
投打:左投左打
ポジション:投手

愛工大名電高校時代は1年からベンチ入りしていた東克樹選手。しかし、2年春夏と甲子園に出場を果たしたものの、1学年上に濱田達郎選手(現・中日)がいたために出番はなかった。最高学年になると背番号「1」を背負い夏の甲子園に出場。初戦で園部聡選手(現・オリックス)擁する聖光学院高校相手に完投するが4失点。3-4で敗退となった。

東選手はここでプロ志望届を提出せずに立命館大学へ進学。1年秋から中継ぎとして試合に出場するなど、注目の存在だった。3年春にはノーヒットノーランを達成しMVP、最優秀投手、ベストナインを受賞。4年春までに通算16勝をマークしユニバーシアード日本代表にも選ばれ日本のエースとして活躍している。

左腕ながら最速150キロを超えるストレートが武器の東選手。身長が170センチと小柄なところは気になるが、プロの評価は高い。大学生ナンバーワン左腕としてドラフト1位で指名がありそうだ。

変則サウスポーから最速146キロを投げ込む齋藤大将選手

氏名:齋藤大将(さいとう・ひろまさ)
所属:明治大学(東京六大学野球連盟)
経歴:桐蔭学園高校
投打:左投左打
ポジション:投手

明治大学は2016年のドラフトで柳裕也選手(中日1位)、星知弥選手(ヤクルト2位)、佐野恵太選手(DeNA9位)、中道勝士選手(オリックス育成5位)と4人のプロ野球選手を送り込んだ。
そして今年(2017年)もドラフト上位指名候補が存在している。侍ジャパン大学日本代表にも選ばれていた齋藤大将選手だ。

齋藤選手は桐蔭学園高校時代に甲子園出場はないが、明治大学進学後1年時から試合に出場。1年秋には中継ぎとして8試合に登板し2勝0敗、防御率0.52を記録。2年、3年時も同様に柳選手、星選手らが在籍していたことで、ほぼ中継ぎとして起用され結果を残してきた。

最高学年となった今春のリーグ戦では、開幕投手を任され白星を掴み2勝2敗、防御率2.59の結果を残している。これらの実績が評価され3年時に続き日本代表に選出された。
左腕かつ変則的な投球フォームから繰り出される速球は最速146キロ。そしてスライダーを武器とする。大学では先発として起用されているが、プロ入り後は中継ぎ向きといえそうだ。

明治大学から今年も上位指名選手が誕生するか注目が集まる。

東大出身の話題性だけじゃない!宮台康平選手

氏名:宮台康平(みやだい・こうへい)
所属:東京大学(東京六大学野球連盟)
経歴:湘南高校
投打:左投左打
ポジション:投手

東京大学のエース左腕として活躍する宮台康平選手。「東大」という話題性だけでなく、実力も兼ね備えており、今秋のドラフト上位指名候補になっている。テレビ番組の『プロ野球ニュース』でながらく司会を務めた佐々木信也選手(元・高橋ユニオンズ)がOBの神奈川県・湘南高校から東京大学ヘ進学した。

1年春こそ登板はなかったが、同年秋から中継ぎとして登板し2年秋に主戦となる。主戦となって初のリーグ戦となった2年秋には法政大学相手に初勝利をマーク。その後も3年春に2勝、秋に1勝をマークし4年春終了時点で通算4勝を挙げている。
3年秋以降、肩に不安を覚え低迷したが最後の秋に復活し、慶応大学相手に2失点完投勝利をマークし5勝目を挙げた。

左腕から最速150キロを投げ込み変化球はスライダー、チェンジアップを織り交ぜる。肩を故障した過去があるのは気がかりだが、ドラフト上位で指名されることになりそうだ。

190センチの長身から角度あるストレート!近藤弘樹選手

氏名:近藤弘樹(こんどう・ひろき)
所属:岡山商科大学(中国地区大学野球連盟)
経歴:安佐北高校
投打:右投右打
ポジション:投手

全国的には無名の大学が多いが中国地区にもドラフト候補の逸材は存在する。岡山商科大学の近藤弘樹選手だ。安佐北高校時代に甲子園出場はなく無名の存在だった。プロ志望届を出すことなく岡山商科大学へと進学した。

1年時からエースとして活躍し4年春までに26勝をマークすると、4年春は7勝1敗、防御率1.00の成績を残しベストナイン、最優秀選手賞を受賞した。

190センチの高身長から投げ下ろすストレートは最速152キロ。制球のばらつきも少なく、スカウトの評価も高い。今春の大学野球選手権でも15.2回を投げ自責点はわずかに1。
高レベルの東京六大学野球連盟、東都大学野球連盟といった関東の大学とは対戦がなかったものの実績を残している。今ドラフトで上位候補となるのは間違いなさそうだ。

その他の指名候補選手はこちら

氏名:馬場皐輔(ばば・こうすけ)
所属:仙台大学(仙台六大学野球連盟)
経歴:仙台育英高校
投打:右投右打
ポジション:投手

氏名:熊谷拓也(くまがい・たくや)
所属:法政大学(東京六大学野球連盟)
経歴:平塚学園高校
投打:右投右打
ポジション:投手

氏名:嘉陽宗一郎(かよう・しゅういちろう)
所属:亜細亜大学(東都大学野球連盟)
経歴:松山聖陵高校
投打:右投右打
ポジション:投手

氏名:飯田晴海(いいだ・はるみ)
所属:東洋大学
経歴:常総学院高校
投打:右投右打
ポジション:投手

仙台育英高校時代は上林誠知選手(現・ソフトバンク)とチームメートでもあり、甲子園ベスト8の実績を残した馬場皐輔選手。プロ志望届は出さずに仙台大学へと進学した。1年春から起用され4年春までに10勝をマークしている。最速155キロのストレートを武器にプロ入りを目指す。

法政大学の熊谷拓也選手は、平塚学園高校時代に、松井裕樹選手(桐光学園高校→楽天)と神奈川県内でライバル関係にあった。松井選手は甲子園で実績を残しドラフト1位でプロ入り。日本代表にも選出されているが、熊谷選手も負けていられない。最速152キロのストレートを武器に中継ぎとして勝負したい。

186センチの長身から150キロを超えるストレートを投げ込む嘉陽宗一郎選手。3年時に大学選手権で無四球完投勝利をマークした。秋には防御率1.86でリーグ1位を記録するなどドラフト候補に躍り出た。
藪田和樹選手(広島)、東浜巨選手(ソフトバンク)と両リーグの優勝チームには亜細亜大学出身の中心投手がいる。嘉陽選手もプロ入りを果たし先輩に続きたい。

名門・東洋大学で主将を務める飯田晴海選手。高校時代に日本代表に選出されており、U-18野球ワールドカップにおいて準優勝を飾っている。東洋大学進学後は3年秋からブレイクすると、2季連続で4勝を挙げるなどエースとなった。今春に最速を147キロへ更新。今ドラフトでプロ入りを目指したい。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!