「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年ドラフト候補選手レビュー~大学生投手編~

2017 10/13 10:05cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学日本代表のエース左腕!東克樹選手

氏名:東克樹(あずま・かつき)
所属:立命館大学(関西学生野球連盟)
経歴:愛工大名電高校
投打:左投左打
ポジション:投手

愛工大名電高校時代は1年からベンチ入りしていた東克樹選手。しかし、2年春夏と甲子園に出場を果たしたものの、1学年上に濱田達郎選手(現・中日)がいたために出番はなかった。最高学年になると背番号「1」を背負い夏の甲子園に出場。初戦で園部聡選手(現・オリックス)擁する聖光学院高校相手に完投するが4失点。3-4で敗退となった。

東選手はここでプロ志望届を提出せずに立命館大学へ進学。1年秋から中継ぎとして試合に出場するなど、注目の存在だった。3年春にはノーヒットノーランを達成しMVP、最優秀投手、ベストナインを受賞。4年春までに通算16勝をマークしユニバーシアード日本代表にも選ばれ日本のエースとして活躍している。

左腕ながら最速150キロを超えるストレートが武器の東選手。身長が170センチと小柄なところは気になるが、プロの評価は高い。大学生ナンバーワン左腕としてドラフト1位で指名がありそうだ。

変則サウスポーから最速146キロを投げ込む齋藤大将選手

氏名:齋藤大将(さいとう・ひろまさ)
所属:明治大学(東京六大学野球連盟)
経歴:桐蔭学園高校
投打:左投左打
ポジション:投手

明治大学は2016年のドラフトで柳裕也選手(中日1位)、星知弥選手(ヤクルト2位)、佐野恵太選手(DeNA9位)、中道勝士選手(オリックス育成5位)と4人のプロ野球選手を送り込んだ。
そして今年(2017年)もドラフト上位指名候補が存在している。侍ジャパン大学日本代表にも選ばれていた齋藤大将選手だ。

齋藤選手は桐蔭学園高校時代に甲子園出場はないが、明治大学進学後1年時から試合に出場。1年秋には中継ぎとして8試合に登板し2勝0敗、防御率0.52を記録。2年、3年時も同様に柳選手、星選手らが在籍していたことで、ほぼ中継ぎとして起用され結果を残してきた。

最高学年となった今春のリーグ戦では、開幕投手を任され白星を掴み2勝2敗、防御率2.59の結果を残している。これらの実績が評価され3年時に続き日本代表に選出された。
左腕かつ変則的な投球フォームから繰り出される速球は最速146キロ。そしてスライダーを武器とする。大学では先発として起用されているが、プロ入り後は中継ぎ向きといえそうだ。

明治大学から今年も上位指名選手が誕生するか注目が集まる。

おすすめの記事