「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【祝2連覇】2017年ユニバーシアード競技大会野球競技まとめ

2017 10/13 10:05Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

初戦から打線が大爆発したロシア戦

初戦のロシア戦から振り返っていく。この試合は、打線が大爆発であった。
初回から1番・島田海吏選手(上武大)のレフト前を皮切りに無死満塁のチャンスを作ると、4番・楠本泰史選手(東北福祉大)が2点タイムリーを放ち、幸先良く先制する。2回には3年生の3番打者、中川圭太選手(東洋大)が走者一掃のタイムリーを放つなど9得点。その後も打線がよく繋がり、なんと初戦から19得点を記録した。
投げ手は青島凌也選手(東海大)、伊藤将司選手(国際武道大)、松本航選手(日体大)の3年生トリオが無失点リレーの好投を見せ、5回コールドで勝利となった。

苦しい展開からの逆転劇となったメキシコ戦

メキシコ戦では先制点こそ日本であったが、序盤から苦しい展開となった。初回から2つの四球にボークが絡み、2死1・3塁のチャンスを作ると、ここで1塁ランナーの楠本選手が盗塁。さらに送球の間に3塁ランナーの宮本丈選手(奈良学園大)がホームを陥れ、ノーヒットで得点するという幸先の良い滑り出しを見せる。
だが、メキシコの投手陣を崩しきれず、毎回のようにヒットで出塁するも、なかなかあと1本が出ない。4回までに8つの残塁、徐々に流れが変わっていく。

5回だった。先発の東克樹選手(立命館)が、自身の送球エラー2つでピンチを招いてしまうと、センター前のポテンヒットで2点を入れられてしまい1-2。ミスからの失点という、1番やってはいけないパターンで逆転を許してしまった。

この得点でメキシコの投手陣にゆるみが出たのか、その裏にすぐさま反撃のチャンスが来る。
6番・辰巳涼介選手(立命館)がヒットで出塁すると、盗塁も絡めて無死2塁。ここで途中出場の長沢吉貴選手(日本大)のタイムリーが飛び出し、あっという間に同点となった。
さらに8番・小畑尋規選手(立正大)のタイムリー2塁打も飛び出し再逆転を果たし、先程までの嫌な流れが、一気に吹き飛んでいってしまった。8回には辰巳選手のツーランも飛び出し、終わってみれば7-2で快勝している。

おすすめの記事