「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

勝利につながるビッグプレー!U-18ワールドカップ名場面を振り返る

2017 10/13 10:05Mimu
野球、観戦
このエントリーをはてなブックマークに追加

緊迫した投手戦となった2015年大会アメリカ戦

2015年大会のアメリカ戦を紹介したい。アメリカといえば、2017年大会でも苦しめられた相手であるが、この年の大会でも1次ラウンドと優勝決定戦の2度当たっている。だが1次ラウンドの試合では、日本が優位に試合を運んだ。その立役者となったのが、オコエ瑠偉選手(関東一高→楽天)と佐藤世那選手(仙台育英→オリックス)である。

試合は序盤から投手戦となった。日本は佐藤世那選手が好調で、ストレートとフォークを武器に、アメリカ打線を0に抑えていく。だが日本打線も相手先発のブラクストン・ギャレット選手を打ち崩すことができず、序盤は0-0のまま試合が動かない時間が続いた。

均衡が破れた4回

だが4回、アメリカ打線が佐藤世那選手をとらえはじめる。ヒットに盗塁まで絡められ、揺さぶりをかけられると、さらに四球で1死満塁の大ピンチに陥ってしまう。苦しくなった日本側であったが、ここで2番のブレーク・ラサ―フォード選手は注文通りのセカンドゴロに打ち取る。
内野前進からのやや難しい体勢であったが、セカンド津田翔樹選手(浦和学院)が上手く捕球し、ショート平沢大河選手(仙台育英→ロッテ)へ送球。そのままファースト伊藤寛士選手(中京大中京)にわたり、ゲッツーを完成させた。
見事にセカンドゴロを打たせた佐藤世那選手、そしてそれに応えた内野陣。このプレーから一気に流れが日本へと傾く。

その裏の日本の攻撃であった。先頭の伊藤寛士選手がライト前にうまく運ぶと、送りバントで1死2塁とする。そこに先ほど好プレーの津田選手がライトへタイムリーを放ち、あっという間に待望の先制点が日本へ入った。
だがその直後、津田選手が牽制球でアウトになってしまう。国際試合はボークの基準が日本と違うため、非常に難しいところであったが、これでランナーがいなくなってしまった。

おすすめの記事