「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

WBCS U-18ワールドカップを振り返る!注目選手まとめ

2017 10/13 10:05Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は3位となったU-18ワールドカップ

WBSC U-18ワールドカップ、日本は3位という結果に終わった。予選ラウンドではアメリカに完敗、決勝ラウンドではカナダ・韓国に惜敗してしまい、優勝決定戦進出はならず。それでも、3位決定戦ではカナダにリベンジを果たし、3位を確保した。

韓国戦では、勝てば優勝決定戦進出の可能性が残るという中での試合であったが、残念ながら相手投手を打ち崩すことが出来ず、4-6で敗退となってしまった。だがそれに気を落とすことなく、3位決定戦のカナダ戦を8-1と完勝。
先発の三浦銀二選手(福岡大大濠)が7回無失点12奪三振と好投、打線も清宮幸太郎選手(早稲田実業)らのタイムリーで援護し、最後は甲子園優勝投手の清水達也選手(花咲徳栄)が締め、何とか大会を勝利で終えることができた。

投打で圧倒的な存在感を示したアメリカが4連覇

この大会では、アメリカの実力が圧倒的であった。もともとこの大会を3連覇しており、もっとも注意すべき相手ではあったのだが、今年は特に打撃力・投手力、そのどちらでも抜きんでていたように思う。いや、打撃にはやや付け入るところがあっただろうか。日本-アメリカの1戦でも、日本投手陣はアメリカ打線から3投手合計で23奪三振を記録している。4点を取られたとはいえ、内容は悪くなかった。

だがそれ以上にアメリカ投手陣が圧倒的だった。先発のR・ウェザーズ選手や、その後の投手たちも全く打てず、そのまま2安打完封負け。ただでさえ150km/hオーバーの威力のあるストレートが、手元で微妙に動くのだ。しかもウェザーズ選手はサウスポーである。
あのピッチングを初対戦で、しかも木製バットで打ち崩すのは非常に難しかっただろう。その後出てきた投手も素晴らしい速球を持っており、最後までアメリカ投手陣を打ち崩すことはできなかった。

ちなみに韓国対アメリカの顔合わせとなった優勝決定戦は、8-0でアメリカが優勝している。これでアメリカはこの大会4連覇を達成。最速158km/h右腕のイーサン・ハンキンス選手が好投を見せての完勝であった。ハンキンス選手はベストナイン、さらに3本塁打を記録したトリスタン・カサス選手がMVPを受賞している。

おすすめの記事