「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

イチロー選手はやはり別格!安打記録アレコレ

2017 8/25 10:07cut
イチロー
このエントリーをはてなブックマークに追加

イチロー選手が初の200安打達成

プロ野球において一つの勲章となっているのが、シーズン200安打だ。「安打製造機」と呼ばれる巧打者たちは目標の1つとして掲げることも多い。このシーズン200安打を日本で初めて達成したのが、1994年のイチロー選手だった。

当時、プロ入り3年目のイチロー選手は開幕から2番・中堅で出場を果たすと初めて全試合に出場。打率.385(546打数210安打)と首位打者、最多安打のタイトルを獲得。MVPも受賞した。イチロー選手による驚異的な安打量産から最多安打のタイトルが誕生し、安打記録に注目が集まるようになった。

イチロー選手は197安打で迎えた9月20日のロッテ戦で初回の第1打席から安打を放ち、第3打席まで3打席連続安打で大記録を一気に達成している。122試合目でも達成とまさにスピードも異次元だった。最終的には210安打を放ち歴代最高記録を更新(当時)。この記録は2010年にマートン選手が214安打を放つまで16年間にわたり日本記録となっていた。

マートン選手(144試合)に記録を更新されたものの、試合数が違うこともあるため「130試合制ではイチロー選手が最多安打だ」というファンもいるほどだ。

秋山翔吾選手がイチロー選手らを更新

2016年終了時点でシーズン最多安打記録を保持しているのは、埼玉西武ライオンズの秋山翔吾選手だ。1994年にイチロー選手(当時オリックス)がマークした210安打、2010年にマートン選手(当時阪神)が記録した214安打を更新し、2015年シーズンに216安打を達成。

この年の秋山選手は210安打(602打数)を達成し打率.359と自身初の打率3割を記録。日本代表にも選出されるなど大ブレークを果たした年でもある。しかし、首位打者は、同じパリーグでトリプルスリーを達成した柳田悠岐選手(ソフトバンク)が打率.363(502打数182安打)で獲得している。秋山選手は最多安打のタイトルを獲得したものの首位打者は逃している。

シーズン200安打を達成した過去の選手達の中で首位打者を未獲得なのは、秋山選手ただひとり。今後、首位打者獲得への期待が掛かる。

おすすめの記事