「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017WBCの気になる賞金を推測する。

2017 8/3 14:10村正 吉和
ベースボールスタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by S_Photo/Shutterstock.com

2017年のWBCで日本代表は優勝国アメリカに敗れ、ベスト4で終了となった。残念な結果になったWBCだが、賞金はいくら貰えるのだろうか?過去の賞金総額から予測をしていく。

賞金総額は10億円強!

2006年に第1回大会が始まり、2009年、2013年と2017年で4回目の大会となる。
まだ2017年度の賞金は発表されてないが、2006年では「780万ドル(約8億5,000万円)」、2009年「1,400万ドル(約15億4,000万円)」、2013年「1,500万ドル(約16億5,000万円)」※1ドル110円で換算。と、1回大会から2回大会は賞金が倍増となったが、3回大会以降は微増に留まり、2017年も2013年大会と同等の賞金となるのではといわれている。

優勝賞金の分配はいくらになるのか?

2006年第1回大会では「78万ドル(8,500万円)」、2009年第2大会では「270万ドル(2億9,700万円)」、2013年第3大会では「340万ドル(3億7,400万円)」もの優勝賞金が出たといわれている。この金額は総収入金額に対して約10%といわれており、2013年の総収入は約3,200万となっている。
参加チームやスポンサーが違うので一概にはいえないが、計算方法は2017年も割合は2013年度と同等の計算となる可能性が高いだろう。そのため、2017年度も約3億5,000万円~4億円の範囲に収まる金額になるのではないだろうか。

おすすめの記事