「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

WBCを支えるスポンサーを解説

2017 8/3 14:10dada
スポンサー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Gustavo Frazao/Shutterstock.com

日本代表である侍ジャパンを支えるスポンサーには、どのような企業・団体があるのだろうか。 野球に興味のある方、WBCについてもっと知りたいという方のために、WBCを支えるスポンサーを解説していく。

WBCのスポンサーに日本企業が多い理由とは?

WBCのスポンサーには、日本企業がとても多いことで有名だ。
これは、WBCというコンテンツそのものが、アメリカなどに比べると日本でとても人気であるためだ。日中でも多くの方がWBCをテレビで視聴して応援するため、企業も宣伝効果が得られやすい。
故に、スポンサーとなる企業は日本企業が多く、逆に言えば海外の企業は宣伝効果が得られにくいというのが現状だ。海外の国々でもWBC人気が高まれば、スポンサー企業の国籍にも幅が広がることだろう。

空のことならお任せ!デルタ航空

デルタ航空はWBCのオフシャルエアラインとして協力している。その前身は農薬を散布する会社であり、旅客サービスを開始したのは1929年のことだった。現在ではアメリカ国内はもちろんのこと、ヨーロッパ、アジア、アフリカなど、世界のさまざまな国の空を飛んでいる。
WBCの開催に伴って、航空券やデルタ航空のグッズなどをプレゼントする企画なども行っている。2017年の大会では、日本以外の会場でデルタ航空の広告がホームベースの後方に掲載されていた。

おすすめの記事