「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

次回開催が待ち遠しい!WBCをもっと楽しむための観戦法

2017 8/3 14:10dada
球場観客席
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Daniel Padavona/Shutterstock.com

世界を大いに賑わせる野球の祭典WBCの観戦法や、気になるチケットの取り方、観戦の際の注意点や注目ポイントなどを解説していく。

WBCの概要を振り返ろう

WBCは2006年大会から開催されており、2017年大会で第4回まで開催されている。大会が開催されるのは例年3月で、日本のプロ野球ではシーズンオフのタイミングに開催される。そのため、非常に豪華な陣容が組まれ、多くの野球ファンを虜にしている。
決勝ラウンドは第4回大会まで全てアメリカにて行われている。今後どうなるかはわからないが、おそらく続いていくものと予想される。
日本代表はアウェー戦を強いられるわけだが、2006年と2009年の2大会では優勝を経験しており、必ずしも優勝する可能性が低いというわけではない。特に2006年の大会はイチロー選手の活躍もめざましく、多くの観客をくぎ付けにした。

チケットの購入の仕方は?

WBCを観戦するためのチケットは、公式サイトから購入するようにしよう。
「WBC公式サイト」とインターネットで検索すると、公式サイトが出てくるので、そちらのページ内にある「チケット」などの項目からリンクを探す。2017年大会の場合、ローソンチケット、チケットぴあなどでの購入が可能だった。チケットの販売開始は開催の約3ヶ月前の12月頃だ。先行販売や一般販売など複数回にわたって行われるので、事前にチェックしておこう。
日本で行われる大会は、安いものだと3000円前後から販売されている。座席のグレードが良くなればなるほど価格は上がり、ダイヤモンドボックスと呼ばれる座席だと3万円になる場合もある。
決勝ラウンドになると、チケット販売のページは英語表記になる場合がある。英語の得意な方に頼むか、翻訳ツールなどを使いながら購入しよう。

おすすめの記事