「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

盛り上がりを見せた2017年開催の第4回WBCを振り返る

2017 8/3 14:10華津代
ベースボールスタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Adam Vilimek/Shutterstock.com

WBC2017は3月6日の開幕戦から3月23日の決勝戦までたくさんの思い出を残してくれた。 侍ジャパンの活躍はもとより、アメリカの初優勝やダークホースの出現など話題の多い大会だった。 ここでは注目された試合や選手などを交えてWBC2017を振り返って行きたい。

WBC2017で大旋風を起こしたダークホース

WBC2017のダークホースといえば、間違いなくイスラエルだろう。開催前はまったく注目されていなかったが、韓国ソウルで行われた開幕試合で、準優勝経験もある韓国を本戦初出場のイスラエルが延長戦の末2-1で破り、一挙に注目を集めた。続く第2戦の台湾戦でも15得点で圧勝し、2次ラウンドへオランダと共に駒を進めるという快進撃を見せたのだ。
メンバーはメジャーで通算124勝を挙げているジェイソン・マーキー投手など、ほとんどの選手がメジャーやマイナーリーグでプレーしており、WBCでその実力をいかんなく発揮し、話題をさらった。

前回大会王者ドミニカ共和国のこの一戦

2013年の第3回大会で、大会全勝という記録を作って優勝したドミニカ共和国は、今大会も超一流選手を揃えて優勝候補に名乗りを挙げていた。そのドミニカ共和国とアメリカが激突した1次ラウンド第2試合は注目を集め、試合会場であるマーリンズパークには多くのドミニカファンが詰めかけ、史上最多観客数を記録した。
序盤から着実に5得点を重ねたアメリカに対し、ドミニカも6、7回で2点差まで詰め寄った。そして8回裏の攻撃に入り死球とヒットで1、2塁となった後、6番クルーズ選手の見事な逆転3ランホームランにより試合がひっくり返り、さらに8番のマルテ選手にソロホームランも出て、7対5でドミニカ共和国が勝利した。

おすすめの記事