「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

広島に強豪が集まる!?中国地方の強豪社会人野球チームとは

2017 8/3 12:53Mimu
ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Brocreative/Shutterstock.com

広島県を中心として5県が所属している中国地方。広島東洋カープの存在もあってか、昔から野球が盛んだ。 そしてそれは社会人野球でも同様だ。今回は中国地方の中から、社会人野球の強豪チームを4つ紹介しよう。

【JFE西日本その1】 全国屈指の2チームが統合されたチーム

まずはJFE西日本を紹介しよう。元々は広島県福山市のNKK(創部当初は日本鋼管福山)と岡山県倉敷市の川崎製鉄水島という別々のチームだったのだが、2002年にお互いの本社である日本鋼管と川崎製鉄の2社が統合し、JFEホールディングスが設立されたことから、2003年からは2チームも統合されてJFE西日本として出発することになった。
前身の2チームもお互いに長い歴史を持っており、MKKの方は都市対抗野球に22度、日本選手権に15度の出場経験がある。1980年には日本選手権の方で優勝を経験している。一方の川崎製鉄水島の方も、都市対抗に5度、日本選手権に8度出場していた強豪チームだった。
そして、JFE西日本になってからも、そのレベルの高さは変わらず。統合1年目の2003年からいきなり都市対抗、日本選手権に出場を果たした。翌2004年には日本選手権優勝も達成。以降2016年までに都市対抗に7度、日本選手権には8度出場している。

【JFE西日本その2】前身チームからプロ野球選手を多数輩出

このチームはプロ選手のの輩出も多く、MKKからは6人、川崎製鉄水島からは5人、そしてJFE西日本になってからも4人もの選手がプロ入りしている。
中でもおなじみなのは、川崎製鉄水島から巨人へと入団した宮本和知さんだろうか。今でもタレントやスポーツキャスターとしておなじみの宮本さんだが、川崎製鉄時代はエースとしてチームを都市対抗に導く活躍をしており、84年のドラフト3位で巨人に入団した。
入団から数年は伸び悩むものの、89年頃から徐々に起用数が増え、同年の日本シリーズではクローザーとして胴上げ投手となっている。翌90年にはチームの中心選手として14勝を挙げ、今度はリーグ優勝の胴上げ投手にもなった。

おすすめの記事