「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

こんな有名選手も出場していた!WBSC U-18ワールドカップ

2017 8/3 12:07Mimu
野球場,ヘルメット
このエントリーをはてなブックマークに追加

球界を代表する投手2人も大会に出場

2017年9月、第26回WBSC U-18ワールドカップが開催される。AAA世界野球選手権当時から、その年の甲子園で活躍した選手たちが参加しており、のちにプロで活躍している選手たちも多い。今回は過去の大会も含めて、プロでも印象的な活躍をしている選手たちを紹介していこう。
まずは2004年の21回大会から見ていこう。2004年と言えば、春の選抜で済美高校が優勝、夏の甲子園でも準優勝と一世を風靡した。そのため、メンバーにも2年生エースだったの福井優也選手(現広島東洋カープ)や、4番として2大会で5本塁打を放った鵜久森淳志選手(現東京ヤクルトスワローズ)らが選出されている。
それ以外のメンバーとしては、横浜高校から涌井秀章選手(現千葉ロッテマリーンズ)、東北高校からダルビッシュ優選手(現テキサス・レンジャーズ)らが選出された。
涌井選手は準々決勝のパナマ戦に先発しており、相手打線をしっかりと押さえ込んだ。ダルビッシュ選手は決勝のキューバ戦に先発。こちらは打線が完封されたため残念ながら負け投手となってしまった。
その後涌井選手は西武ライオンズへ、ダルビッシュ選手は日本ハムへと入団し、それぞれのチームでエースとして活躍している。

春夏連覇メンバーで挑んだ2012年大会

2012年の第25回大会を紹介する。この年はなんと言っても大阪桐蔭が春夏連覇を達成した年だ。そのため、藤浪晋太郎選手、森友哉選手のバッテリーを含む4人が大阪桐蔭高校から選出された。
藤浪選手は予選ラウンドのチャイニーズタイペイ戦で13奪三振完封勝利、第2ラウンドの韓国戦でも先発し、9回2失点と好投。決勝ラウンドも合わせて合計で4試合に登板し、24回1/3 26奪三振 防御率1.11という成績を残している。
森選手も主に1番キャッチャーとして試合に出場し、切り込み隊長として打線を牽引する活躍を見せた。チームの大会初戦となったカナダ戦では、先頭打者としてセンター前を放ち、初得点のホームも踏んでいる。続くチャイニーズタイペイ線では藤浪先輩を援護するホームランも放った。大会後には2人そろってオールスターにも選出されるなど、甲子園と変わらない息が合っている姿を十分に見せてくれた。

おすすめの記事