「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

これが全日本大学野球選手権大会!歴代名場面やドラマの数々

2017 7/10 10:25kinsky
野球ボール、バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

毎年6月に開催されている全日本大学野球選手権大会には数々のドラマがある。これまでの66回に及ぶ歴史から、驚きのプレーや試合、心に残る名場面として語り継がれている事などを紹介する。

第56回大会は1年生エースの斎藤佑樹選手が躍動

第56回大会が行われたのは2007年で、前年の夏の甲子園優勝投手である斎藤佑樹選手が登場するとあって、大会は大きな盛り上がりを見せていた。1年生ながらエース格として出場した斎藤佑樹選手は、各試合の勝負所で熱投し、遂に東海大学との決勝戦に臨む。
決勝戦で先発の斎藤選手は5回まで無失点の好投を続ける。6回に1点を取られたものの、勝ち投手の権利を持って2番手ピッチャーにスイッチ。その後リリーフ投手が相手を押さえ込んで33年ぶりの優勝を飾った。斎藤選手は大会の最優秀選手に輝いた。

ミレニアム年の2000年は亜細亜大が8回に大逆転

記念すべきミレニアム年の2000年に行われた第49回大会は、2回の優勝を数える東都大学連盟の亜細亜大と、同じく2回の優勝実績がある仙台6大学野球連盟の東北福祉大との決勝戦となった。(2000年時までの優勝回数)
7回終了時まで東北福祉大が4対3とリードしていたが、迎えた8回の表、亜細亜大は1死後に4番の藤谷選手がセンター前にヒットを打って出塁すると、5番の小山選手が左翼スタンドに豪快な一発を打ち込み逆転した。亜細亜大は9回1点のリードを守り抜いて5対4で勝利。10年ぶりの優勝となった。

おすすめの記事